サムスン「Galaxy Note 7」問題が深刻化!リコールは100万台超えに

Galaxy回収は100万台超

サムスン「Galaxy Note 7」問題が深刻化!リコールは100万台超えに

サムスン「Galaxy Note 7」問題が深刻化!リコールは100万台超えに

米消費者製品安全委員会がGalaxy Note 7をリコール (C)Getty Images

 サムスンが8月に発売した「Galaxy Note 7」について、米消費者製品安全委員会(Consumer Product Safety Commission、以下CSPC)は現地時間15日、リコールとすることを発表した。これに伴い、サムスンも同日、改めてリリースを更新するなどの措置をとっている。

 「Galaxy Note 7」の発熱・発火事件は、当初30件程度とされていたが、CSPCによれば、現時点でのトラブルはすでに計92件におよび、うち26件は火傷を伴うもの、55件は火事など、重篤な状況となっている。

 同製品は、日本での展開がなされていなかったものの、事態を重く見た国土交通省が、航空機内への持ち込みを制限するなどの措置を行っていた。

 CSPCは同製品のユーザーに対して、すぐに使用を中止するとともに、小売店などを通じて、対策済みの端末と交換をするなど、必要な措置を講じてほしいとしている。

 影響範囲は100万台を超えると伝えられている。

関連記事(外部サイト)