iPhone 7用も発売へ! 東京の路線図やX-WINGを描いた基板アートケース【iPhoneケース展】

iPhone 7用も発売へ! 東京の路線図やX-WINGを描いた基板アートケース【iPhoneケース展】

東京の路線図を基板に描いたデザインも好評

 18日まで横浜赤レンガ倉庫で「iPhoneケース展」が開催中だ。moecoのブランドからは都内の電車路線図やスターウォーズのX-WINGをプリント基板で表現したという、アーティスティックなiPhoneケースが出展されている。

 都内の著名ステーショナリーショップなどで取り扱われているというmoecoのiPhoneケースは、基板CADによるユニークなデザインを特徴としたアート雑貨として人気を集めている。映画スター・ウォーズのライセンスを取得しているiPhoneケースは劇中で登場するX-WINGを基板アートで再現。R2-D2がX-WINGに乗るポジションには、無電源で点灯するLEDを配置して、iPhoneの電波を感知して点滅するギミックが仕込まれている。4.7インチと5.5インチのiPhoneにサイズを合わせて展開している。

 iPhone 7用のケースも9月30日から発売を開始する。ケースの素材をポリカーボネートから、弾力と強さを併せ持つ高分子化合物であるTPUに変更。現在人気の東京の電車路線図、X-WINGのほか、10月上旬から京都の地図、パリの地図、ロンドンの路線図、関西の路線図など順次バリエーションを広げていく計画もあるようだ。同社のスタッフによれば、iPhoneケースの小さなキャンバス上に精緻に東京の路線図など回路をデザインできるのは、同社が創業から40年に渡って、産業機械や社会インフラの制御基板などの設計を続けてきたプロフェッショナルだからなのだという。

関連記事(外部サイト)