Snapchatが社名変更でSnapに!サングラス型ビデオ撮影デバイス「Spectacles」も登場

Snapchat社名変更を発表

Snapchatが社名変更でSnapに!サングラス型ビデオ撮影デバイス「Spectacles」も登場

Snapchatが社名変更でSnapに!サングラス型ビデオ撮影デバイス「Spectacles」も登場

Snapchatが社名変更でSnapに!サングラス型ビデオ撮影デバイス「Spectacles」も登場

 写真共有アプリケーション「Snapchat(スナップチャット)」を展開するSnapchat社は現地時間24日、社名をSnapに変更すると発表した。

 すでに、「Snapchat」の原型である「Picaboo(ピカブー)」のサービス開始から5年以上が経過し、同社の事業展開は「Stories」「Memories」「Lenses」など、増加の一途をたどっている。Snapchatは同社のサービスの1つであるに過ぎず、こうした多様な事業を展開する現在の姿と照らし合わせると、社名から“chat”を削ぎ落とした方がしっくりくることが、今回の変更の理由だという。

 そして、Snapとして生まれ変わった同社は、サングラス型のビデオ撮影デバイス「Spectacles」を発表している。

 「Spectacles」のヒンジ部分には、世界最小クラスのビデオカメラが搭載されており、日常の何気ない瞬間を映像として残すことができる。撮影した動画は、BluetoothまたはWi-FiでSnapchatアプリに接続が可能で、新たな円形のビデオフォーマットで、直接アプリに転送することができる。視野角115度の円形ビデオは、さまざまなデバイス上でフルスクリーン再生が可能だという。「Spectacles」のカラー展開は3色で、リリース時期は近日となっている。

関連記事(外部サイト)