これで満員電車を改善?英デザインスタジオのコンセプトモデルがカッコいい

これで満員電車を改善?英デザインスタジオのコンセプトモデルがカッコいい

これで満員電車を改善?英デザインスタジオのコンセプトモデルがカッコいい

 満員電車は、万国共通の問題だ。各国ではさまざまな対策が練られているが、英デザインスタジオPriestmanGoodeは、こうした公共交通の問題点を緩和するため、車内設備の改善案として、2つのシートデザインのコンセプトを公開している。

 1つ目は「Horizon」。肩口まで高く伸びた背もたれを持つ、従来よりも幅が狭めのシートが、互い違いに配置されており、乗客は座り心地を損なわずに、従来よりも最大30%多くの人が着席できる。高さ調整が可能なフットレストも搭載されているので、腰への負担も少なそうだ。

 もう1つは、「Island Bay」。対面設計の座席は、混雑時に折りたたまれ、「Horizon」のようなシートとなる。オフピーク時にテーブルとして利用されていた部分は、座席としても利用することができるので、より多くの乗客が着席できるようになっている。

 「Horizon」「Island Bay」ともに、USBポートが搭載されているので、スマートフォンなどの充電ができる点も、好印象。日本では、有料着席サービスが普及し始めているが、通常運賃の車両でも、こうしたアイデアを採用する鉄道会社が出てくれば、おもしろそうだ。


関連記事(外部サイト)