GoogleのARプロジェクト「Tango」に対応した世界初のスマホ! レノボ「PHAB2 Pro」11月下旬より販売へ

GoogleのARプロジェクト「Tango」に対応した世界初のスマホ! レノボ「PHAB2 Pro」11月下旬より販売へ

GoogleのARプロジェクト「Tango」に対応した世界初のスマホ! レノボ「PHAB2 Pro」11月下旬より販売へ

 レノボ・ジャパンは27日、世界ではじめてGoogleのTangoテクノロジーを搭載したファブレット端末「PHAB2 Pro」を国内でも発売すると発表した。

 Tangoは、Googleが2014年に発表した空間認識に関する新たな取り組み。複数のカメラやセンサーを搭載することにより、先進的な拡張現実(AR)が体験できる。

 対応ARアプリを使用すれば、デジタルペットを飼育したり、家に侵入したエイリアンの群れを撃退するゲームをプレイしたりすることが可能。家具の配置に迷ったときは、「PHAB2 Pro」を室内に向けてかざせば、部屋の間取りを認識し、擬似的に模様替えを体験することもできる。

 「PHAB2 Pro」のWeb直販価格は49,800円(税抜)で、2016年11月下旬より予約販売が開始する予定となっている。

 なお、「PHAB2 Pro」の基本スペックは以下の通り。

【「PHAB2 Pro」の仕様】
OS:Android 6.0
液晶:6.4型ワイドIPS液晶(2560x1440)Assertive Display対応、2.5D曲面ガラス
プロセッサ:Qualcomm MSM8976(オクタコア, Google Tango Edition)
メモリ:4 GB
ストレージ:64 GB
ネットワーク:Wi-Fi、LTE(SIMロックフリー対応、通話機能付き)
バッテリ:4,050mA
駆動時間:約24時間
質量:約259g

関連記事(外部サイト)