ソフトバンク、スター・ウォーズコラボの新スマホ登場!限定フィギュア付きで12月上旬以降に発売へ

ソフトバンク、スター・ウォーズコラボの新スマホ登場!限定フィギュア付きで12月上旬以降に発売へ

ソフトバンク、スター・ウォーズコラボの新スマホ登場!限定フィギュア付きで12月上旬以降に発売へ

 ソフトバンクは12日、冬春商戦の新商品として、映画「スター・ウォーズ」の世界観を表現したスマートフォン「STAR WARS mobile」を2016年12月上旬以降に発売すると発表した。

 外装面では、「スター・ウォーズ」シリーズで象徴的に描かれているDark SideとLight Sideを表現した2色のカラーバリエーションがラインナップ。背面には「スター・ウォーズ」のロゴと、映画に登場する帝国軍と反乱軍それぞれのシンボルがプリントされている。また、偏光パネルが採用されているので、見る角度によって色が変化する点も特徴。個装箱にもそれぞれの世界観を表現したデザインが採用されている。

 また、壁紙やアプリケーションなどのコンテンツにもこだわりが見られ、ホーム画面のライブ壁紙では、「スター・ウォーズ」シリーズの象徴的なシーンを、劇中に登場する乗り物「Xウィング」「タイ・アドバンスト x1」のコックピットに座っているかのような視点で、体感することができるほか、「時計」や「天気」「カレンダー」といったホームアプリも、それぞれコックピットからの視点で使用できる。

 メールや電話といった基本アプリケーションのアイコンやホームボタンなどにも「スター・ウォーズ」のデザインが施されており、ダース・ベイダーのテーマである「帝国のマーチ」をはじめとするおなじみの音楽や効果音が操作中に鳴るようになっている。

 また、同デバイス限定のフィギュアも同梱。「ダース・ベイダー(ローグ・ワン)ガンメタルver.」を含む、12月16日公開予定の映画最新作「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」に登場するキャラクターと乗り物のフィギュアの計5種類が、オリジナルのパッケージで包装されて付いてくる。

 スマートフォンとしてのスペック面では、5.3インチフルHDディスプレイを搭載し、メインカメラは2,260万画素、サブカメラは500万画素(いずれもCMOSセンサー)、内蔵メモリはROMが32GB、RAMが3GBなどとなっている。基本ソフトは、Android 6.0 Marshmallow。

関連記事(外部サイト)