実現化に超期待! Apple、E Ink採用でキーの配置変更が自由自在なキーボードを開発か

実現化に超期待! Apple、E Ink採用でキーの配置変更が自由自在なキーボードを開発か

実現化に超期待! Apple、E Ink採用でキーの配置変更が自由自在なキーボードを開発か

 Appleが、オーストラリアのスタートアップSonder Designとともに、E Inkを用いた次世代のキーボード開発を行っているようだと、海外複数メディアが報じている。

 これは、匿名Redditユーザーによる投稿であり、現時点で断定するのは時期尚早ともいえそうだが、仮に事実だとすれば、なかなか面白いアイデアである。

 E Inkとは、Amazonが展開しているKindle端末などに用いられている、モノクロ表示の超薄型ディスプレイ表示技術。バックライトを必要としないことから、省電力性に長けている。

 Sonder Designが現地時間11日にYouTubeにアップした動画を見ると、Appleの「Magic Keyboard」を思わせるシンプルなキーボード「Sonder keyboard」のキーが、ワンタップでサッと切り替わり、Facebookのいいね!ボタンなどが追加されている様子が確認できる。利用頻度の高いキーを、中心付近に寄せたり、ショートカットキーが使いやすいよう関連キーを調整したりと、作業効率のアップが期待できる。

 すでにゲーミングキーボードの一部でも、物理的にこうしたキーの配置変更が可能だが、スマートさやユニークさでは、「Sonder keyboard」に軍配があがりそうだ。

関連記事(外部サイト)