リコー、360度カメラシリーズに新作モデル「RICOH THETA SC」投入

リコー、360度カメラシリーズに新作モデル「RICOH THETA SC」投入

リコー、360度カメラシリーズに新作モデル「RICOH THETA SC」投入

 リコーは、360度カメラ「RICOH THETA(リコー・シータ) SC」を28日に発売すると発表した。市場予想価格は3万円台前半で、本体カラーはブルー、ベージュ、ピンク、ホワイトの4色。

 「RICOH THETA」シリーズは、世界で初めてワンショットで360度撮影ができるカメラとして2013年に発売され、2015年には上位機種である「RICOH THETA S」が展開されるなど、高感度ユーザーからビジネスユーザーまで、映像分野で高い支持を得ている。

 各社が続々とVR(バーチャル・リアリティ)端末の発表を行っているが、今回発売となった「RICOH THETA SC」はそうした流れに対応し、ユーザーが気軽に楽しめるよう、上位機種で使用されている高性能CMOSイメージセンサーや、大口径口径レンズによる高画質はそのままに、軽量化が果たされている。

 撮影した映像は、スマートフォンなどに転送するなどにより、VRヘッドマウントディスプレイで楽しむことが可能なほか、専用ウェブサイトtheta360.comにアップしてSNSで共有したり、YouTubeにアップしたりすることもできる。

関連記事(外部サイト)