書き心地はツバメノートで保存先はスマホアプリなら手書き派の人も嬉しいかも!

書き心地はツバメノートで保存先はスマホアプリなら手書き派の人も嬉しいかも!

書き心地はツバメノートで保存先はスマホアプリなら手書き派の人も嬉しいかも!の画像

リモートワークが定着し、説明用の手書きのメモや図表もデジタルデータ化して共有するというケースも増えてきたのではないでしょうか。そんなときに、ノートに書いたメモをスキャンしようとスマホで写真撮影して送ることがありますが、自宅の場合は照明の影響で影ができてキレイに撮れないことも。

また、デジタルデータにしておこうと思ってペンタブレットを使うも、そもそも慣れていないと書きにくいですし、PC画面を見ないとうまく書けないため、手軽にメモが取れません。

そこで便利なのが、MKトレードから登場した「T-Note」(1万7600円)。書き心地の良い「ツバメノート」の紙に書き込みながら、スマホアプリとの連携でリアルタイムにデジタルデータとして保存されるという、アナログとデジタルの良いとこ取りの新しいノートです。

「T-Note」使用時は本体にノートをセッティングして、専用のスマホアプリにBluetoothで接続するだけ。専用ボールペンでノートに書き込めば、書いた筆跡がリアルタイムでスマホにもデータとして同期され、アプリ上では線の太さや色なども変えられます。

また、リアルタイムではなく単独で使用し、後からスマホアプリに接続してデータを取り込むことも可能。その場合は、「T-Note」本体に150ページ分まで手書きデータを保存可能です。PCと連携も可能で、ワードやパワーポイントなどで手書きデータも作成できます。

実際に文字やイラストを書き込むノートの書き心地にもこだわりが。「ツバメノート」監修のもと、オリジナル製作した「ツバメモ A5サイズ」を使用。ツバメノートは抜群の書き味で長年の愛用者が多い“中性紙フルール”を使用した70年の歴史をもつ伝統的なノートです。

黒澤明監督が愛し、アニエス・ベーからも称賛を受けており、2012年度のグッドデザイン・ロングライフデザイン賞を受賞。「ツバメモ A5サイズ」も同様に書き心地にこだわって制作されています。

「T-Note」を使用すると、デジタルデータが簡単に取れ、スマホアプリに保存・共有できるだけでなく、実際のノートに書いた内容も保存される点もメリット。書き心地の良い紙にメモを取りながら、同時にデータ化できるハイブリッドな新型ノート。一度試してみませんか。

>> MKトレード

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆A6サイズは使いやすい!電子メモ「ブギーボード」がラインナップ追加?
◆メモはデジタル派!そんな人にオススメの電子メモパッドが登場?
◆マグネットでくっつくし水で消せる!でも質感は紙!新感覚ノート誕生

 

関連記事(外部サイト)