遊びも仕事も広がるJackeryの高出力ポータブル電源が登場!

遊びも仕事も広がるJackeryの高出力ポータブル電源が登場!

遊びも仕事も広がるJackeryの高出力ポータブル電源が登場!の画像

多様化するユーザーのニーズに合わせて高品質なポータブル電源を世に送り出してきたJackeryから、ブランド史上最強スペックを誇るポータブル電源「Aceシリーズ」が登場。その第一弾として「Ace1500」(17万6000円)が発売されました。

その性能と品質はまさにブランド最高峰、名前の通り “エース級” に位置付けられるもの。アウトドアや防災といった従来の用途に加えて、これまで諦めざるを得なかった高出力家電の利用や、さらにはイベントでの照明やカメラなどの使用まで視野に入れた、プロフェッショナル仕様のハイスペックモデルです。

まずこの「Ace1500」、バッテリー容量は1,488Wh/413,400mAhという超弩級、さらに定格1,800W・瞬間最大で3,600Wという高出力に対応しています。PCやスマホへの給電はもとより、ドライヤーや湯沸かしケトル、ホットカーペットなど高出力を要する家電も問題なく使用可能です。

扇風機やファンヒーター、ポータブルクーラーなども使用できるため、災害時の電源としても役立つし、電気ドリルなどの工具や掃除機も利用できるから屋外やガレージでのDIYにも大活躍。さらに、ワイルドライフを求める人なら芝刈り機やポンプなどに使うことも可能。仕事に遊びに、用途は多彩に広がります。

出力ポートはAC出力3ポート、PD60W対応のUSB-C、QC3.0 18W対応のUSB-A、5V/2.4A対応のUSB-A、それにシガーソケットを各1ポートずつの計7ポートを搭載。シンプルな構成からも家電の稼働に特化して設計されていることが見て取れるはず。

本体には、電気自動車にも使用されるバッテリー管理システム(BMS)を搭載しており、過充電や過放電からの保護や、温度管理などの安全面もしっかりと管理。視認性の高いカラーモニターで、バッテリー残量や入出力状況、接続状況も一目瞭然です。

大容量バッテリーはフル充電までの時間がかかるのが玉にキズですが、この「Ace1500」には300W急速充電器が付属しており、大容量でもスピーディに充電できるようになっています。充電時間は約5.5時間、さらに家庭用コンセントからのダブル充電により最短3.5時間での満充電を可能にする“Twin Turbo(ツインターボ)システム”にも対応。これなら「あした天気良さそうだし、外でもいこっか」なんて急な誘いにも、余裕で対応できます(但し、同梱する急速充電器はひとつのみ。追加ACアダプタは別途購入する必要あり)。

加えて内蔵するリチウムイオンバッテリーの品質にもこだわることで、使用サイクルの寿命延長も実現。従来製品では500サイクル程度の充放電でバッテリーの劣化が認められるのに対して、この「Ace1500」では充放電を800サイクル繰り返しても元の容量の80%を保証。大容量バッテリーは決して安くない買物なので、長く使うことを考える人にとっては大きなアドバンテージといえそうです。

なおシリーズ第2弾に当たる上位機種「Ace2000」も発表されており、こちらは2021年内の発売を予定、詳細に関しては後日発表予定となっています。

>> Jackery

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆災害時やアウトドアでの電源確保に便利!スマホの充電もできるソーラーパネル
◆AC、DC、USB付き!アウトドアでも家電が使える超大容量ポータブル電源?
◆いざという時に電気を確保できる大容量ポータブル電源5選?

関連記事(外部サイト)