VRゴーグルの質感にこだわったら、より近未来感が増したぞ

VRゴーグルの質感にこだわったら、より近未来感が増したぞ

VRゴーグルの質感にこだわったら、より近未来感が増したぞの画像

超シンプルなルックスとマットブラックな渋いカラー。近未来的な雰囲気を漂わせる、新型VRゴーグルの登場です。これでもかと使用感にこだわった造りから、装着していることを忘れるような感覚を実現化。この没入感は半端じゃないです!

360VRサービス・idoga VRを展開するクロスデバイス社から、新たに高品位本格志向VRゴーグルとして「HOMiDO PRIME」(1万1800円/税別)が発売されました。じつは今回が第3弾となる大幅なリニューアルで、デザインも機能もよりセンスアップされたVRゴーグルとなりましたよ。

新たな独自レンズ “True-Immersion Optics” を採用したことで、視野広角110度を実現。従来の視野範囲はFOV103度だったので、より人間の視野角に近づいたといえます。ますます自然な眺めが楽しめるというわけですね。ちなみに、このレンズはロボット工学や製薬の現場で使用されているもの。その精度の高さは折り紙付きです。

さらにボディを軽量化することで頭部への二点固定を可能にし、これまで1種類であったGoogle Cardboard規格を、ユーザーの瞳孔間距離に合わせて細かく3つのFOVパターンから選べる様に変更されています。

スマートフォンを正しく固定させる機構に加え、さまざまなスマートフォンのサイズに合わせて自由にアジャストできるスマートフォンステーを新開発。どんなスマホでもピッタリフィットという使いやすさがあります。

またイベント等の利用で、利用者の指紋・手垢跡が気になる企業様を考慮した艶消し仕上げボディという工夫もあります。付属のクロスで拭くだけで、手垢を残さず清潔に使い回すことが可能です。

個人使用でも企業使用でも、VRゴーグルならこれしかないという決定版という感じがします。

>>?HOMIDO?JAPAN「HOMiDO PRIME」

 

[関連記事]
ちょっと停止したい!VRはタッチじゃなくてリモコンで!
VR用の動画を自分で撮影できたら楽しそう!

VRをもっと手軽に!スマホなしでも楽しめるVR最先端モデルが登場

(文/&GP編集部)