端子が少ないノートPCはドックを使って拡張性をアップしよう!

端子が少ないノートPCはドックを使って拡張性をアップしよう!

端子が少ないノートPCはドックを使って拡張性をアップしよう!の画像

MacBookをはじめとして近年のノートPCでは端子は最低限、カードスロット類はなし、といったモデルが増えています。その分スリムでスタイリッシュ、ということなのでしょうが、さまざまなデバイスを接続してフル活用したいというシーンでは物足りなくなる場面も出てきたりするもの。

今回は、そんなノートPCに接続し一気に9つもの機能を拡張できるj5createの「USB-C 4K HDMI 9in1 ドッキングステーション JCD533」(1万800円)をご紹介。USBはもちろん、4K HDMIでデュアルモニターを構築したり、SDカードを使えたりと、ノートPCだけではちょっと不便を感じていた部分が一気に解消します。

まずは搭載されている9つの端子類をまとめてみてみましょう。

■ USB 3.0 ×3
■ USB-C PD100W充電用ポート ×1
■ HDMI ×1
■ ギガビット有線LAN ×1
■ SDカードスロット ×1
■ MicroSDカードスロット ×1
■ 3.5mm ヘッドセットジャック ×1

製品自体はノートPCのUSB-Cポートに接続して使用します。

ニーズの高いUSB-A端子は3つ搭載。USB 3.0での高速データ転送にも対応。USBメモリや各種デバイスの接続はこちらで。

ノートPCとの接続用のUSB-Cとは別にPD(パワーデリバリー)対応の充電用USB-Cポートも搭載。別途PD対応の電源や充電器を接続すれば、ノートPCへ給電しながらも使用可能です。

HDMIポートは4K(最大3840×2160)30Hzに対応。ノートPCとのデュアルモニター環境を構築すれば、作業効率のアップ。ノートPCと接続するUSB-CケーブルがDisplayPort Alt Modeに対応しているので、ドライバなども不要でそのまま使用できます。

ギガビット有線LANは安定した通信環境の構築に。SDカードスロット、MicroSDカードスロットも搭載されているので、デジカメからの写真の読み込みなども快適。3.5mm ヘッドセットジャックも搭載しているのでお気に入りの有線ヘッドホンなども使用できます。

また、ケンジントンロックのセキュリティロックスロットも搭載しているので、外出先での盗難防止や社内での持ち出し防止に。

製品自体にも工夫が凝らされており、接続用のUSB-Cケーブルは収納ケース内にスッキリと長さを調節しつつ収納可能。

本体の左右どちらからも先端を出せるので、ノートPCのUSB-Cポートの位置が左右どちらでも問題なく使用可能です。さらに、本体自体はノートPCスタンドとしても使用することもでき、キーの打ちやすさ、画面の見やすさが向上するだけでなく、放熱性のアップや、デスクの省スペースにも役立つという優れもの。

ポートは9つですがプラスアルファでスタンド機能もと、マルチに役立つドッキングステーションで快適な作業環境を整えましょう。9月10日発売です。

>> j5create「USB-C 4K HDMI 9in1 ドッキングステーション JCD533」

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆EIZOの新型外付けPCモニターをテレワークの基地にしよう!
◆“ながら漕ぎ”しやすいバイクチェアとデスクでテレワークの運動不足を解消だ
◆思わずボーッと眺めちゃう!超精密コマはテレワークの気分転換にいいかも

関連記事(外部サイト)