Galaxyの最新折りたたみスマホ2モデル&スマートウォッチをチェック!

Galaxyの最新折りたたみスマホ2モデル&スマートウォッチをチェック!

Galaxyの最新折りたたみスマホ2モデル&スマートウォッチをチェック!の画像

サムスン電子ジャパンが、最新の折りたたみ型スマホ「Galaxy Z Fold3 5G」と「Galaxy Z Flip3 5G」の日本発売を発表しました。従来通りauから発売されるほか、初めてドコモも取り扱います。9月8日から予約受付が始まっており、発売は10月上旬以降。価格はauは未発表。ドコモオンラインショップではGalaxy Z Fold3 5Gが23万7600円、Galaxy Z Flip3 5Gが14万8896円と案内されています。

同時に最新スマートウォッチ「Galaxy Watch4」シリーズと、ワイヤレスイヤホンの新モデル「Galaxy Buds2」も発表されました。Galaxy Watch4シリーズは9月9日から、Galaxy Buds2は9月8日から予約受付を開始し、どちらも9月22日に発売されます。なお、Galaxy Watch4は、auから10月下旬以降にeSIM対応のLTEモデルも発売される予定です。

東京・原宿にある「Galaxy Harajuku」で開催された新製品体験会で、これらの最新デバイスにいち早く触れてきました。正直なインプレッションを交えつつ、特徴を紹介します。

 

■完成度を極めた三代目「Galaxy Z Fold3 5G」
Galaxy Z Fold3 5Gは、横開きのフォルダブルモデル。日本では2019年10月に発売された「Galaxy Fold」から数えて3世代目になります。

折りたたむとフツーのスマホのように操作でき、開くとタブレットのように広い画面を使えるコンセプトは変わらず。新モデルは、さらに防水に対応し、おサイフケータイも使える、ほぼ “全部入り” と呼べる仕様に進化。さらに、Galaxyユーザーから待望されていたSペンに対応したので、アナログの手帳のような感覚で使うことも可能。5Gはsub6だけでなくミリ波にも対応しているので、どこにいても最高の通信速度で利用できます。

実際に触れて、一番の魅力と感じたのが、マルチタスク操作がしやすいこと。開くと約7.6インチの大画面では、従来モデルと同様に3つのアプリを同時に起動できます。さらに最新モデルでは、それぞれのアプリの表示位置やサイズを自由自在に変更することが可能です。長押ししてから動かしたり、境界線をスワイプしたりと、直感的に操作できるので、理想的な表示でマルチ操作ができること請け合いです。

Sペンの書き心地も試してみました。Sペンは、Galaxyの他のモデルでの使える「S Pen Pro」とZ Fold3 5G専用の「S Pen Fold Edition」が対応していますが、筆者が試したのは後者のSペン。滑らかな書き心地は従来通りですが、画面が大きいので1ページに多く書き込めて、Sペンとの相性は抜群に良いように感じました。

なお、Sペンは本体には収納できませんが、Sペンを収納するポケットを備えた専用のフリップカバーが発売されます。なお、早期購入者にプレゼントされるキャンペーンも実施されます。

 
■使用感は懐かしのガラケーに近い「Galaxy Z Flip3 5G」
Galaxy Z Flip3 5Gは、縦開きタイプのフォルダブルモデル。昨年2月に発売されたGalaxy Z Flip、昨年11月に発売された5G対応のGalaxy Z Flip 5Gに続く3台目ですが、“Z Flip2” はなかったので、実質的には2世代目と捉えるべきでしょう。

「開くと大画面」が売りのFoldとは異なり、Flipの最大の利点は「閉じるとコンパクト」。まるで折りたたみ式のガラケーのように小さく持ち歩けて、使うときだけパカーンと開ける趣向。最近のスマホは画面が大きくなり、見やすいのはいいんだけど、持ち歩くにはかさばる…という不満を解消してくれるわけです。

前モデルからの顕著な進化点は、折りたたみ時に使えるサブディスプレイ。約4倍の大きさになり、時刻、バッテリー残量、通知などが、より見やすく表示されるようになりました。メッセージを確認したり、音楽を操作したりと、閉じたままでできることが増え、自分のお気に入りの画像を表示させるなど、カスタマイズも楽しめます。

パッと見、カジュアルな印象ですが、Snapdragon 888を搭載しているので、操作性は軽快そのもの。防水、おサイフケータイ、ワイヤレス充電にも対応しています。ただし、5Gはsub6のみでミリ波には対応していません。

開いた時の使用感は、従来モデルとさほど変わらない印象。最先端の技術を駆使したフォルダブルスマホでありながら、それを意識せずに使えることが、この端末の魅力でしょう。完全に開くのではなく、わずかに折り曲がった状態でも使えるので、卓上に置いて動画を見たりするにも便利そうです。

 

■新OSを搭載しヘルスケア機能を強化した「Galaxy Watch4」
従来のGalaxy Watchは「Tizen」というOSを採用していましたが、新しいGalaxy Watch4は、Googleと共同開発した「Wear OS Power by Samsung」を初搭載。スマホに近い操作性で、Androidアプリとの親和性が向上しているとのこと。

シンプルでスタイリッシュな印象のデザインの「Galaxy Watch4」と、より腕時計らしい印象の「Galaxy Watch4 Classic」を用意し、さらにフェイスサイズとカラーも選べます。

新機能として注目されるのは「体組成測定」機能。側面の2つのボタンに中指と薬指を約15秒当てるだけで、骨格筋、基礎代謝量、体内の水分量、体脂肪率などが測定できる仕組みです。

実際に試してみましたが、非常に簡単で、無理なく毎日の習慣にできそうでした。

ほかに、睡眠トラッキング機能も強化され、いびきの検出や、睡眠中の血中酸素レベル測定にも対応。実は、国によっては心電図をとったり、血圧を計れる機能も使えるそうですが、日本では未対応というのが残念なところ。それでもなお、日本で買えるスマートウォッチの中では、最も多彩なヘルスケア機能を備えたモデルと言えるでしょう。

スマートウォッチの使い心地や電池持ちは一定期間使ってみないとなんとも言えないのですが、とくにGalaxy Watch4は装着感もよく、使ってみたいと思える仕上がりでした。

 
■軽い装着感でオンライン会議にも適した「Galaxy Buds2」
ワイヤレスイヤホンの新モデル「Galaxy Buds2」も発表されました。前モデルの「Galaxy Buds+」よりもコンパクトで、片耳が約5.0gという軽さなので、長時間装着していても疲れないことが利点。外部からのノイズを最大98%遮断するアクティブノイズキャンセリング機能を搭載し、外部の音をどの程度聞こえるようにするかの調整も可能。

残念ながら、ハンズオン会場では音質を確かめることはできなかったのですが、Galaxy Budsシリーズは音質の良さには定評があるので、期待してもいいでしょう。マイク性能にも重視しているので、通話やオンライン会議などにも適しているでしょう。

なお、カナル型の上位モデル「Galaxy Buds Pro」と、インナーイヤー型で独特の形状の「Galaxy Buds Live」も引き続き販売されるので、Galaxy Budsシリーズは3つのラインナップから選べることになります。ちなみに、Galaxy Harajukuでは、それぞれの装着感や音質を比べることができるそうですよ(ただし、Galaxy Buds2は発売日以降)。

>> Galaxy

 

<取材・文/村元正剛(ゴーズ)>

村元正剛|iモードが始まった1999年からモバイル業界を取材し、さまざまな雑誌やWebメディアに記事を寄稿。2005年に編集プロダクション「ゴーズ」を設立。スマホ関連の書籍・ムックの編集にも携わっている。

 

 

【関連記事】

◆「Pixel 5」との違いは少しだけ。なのに2万円以上安い「Pixel 5a(5G)」
◆コンパクトだけどパワフル!「Zenfone 8」はとにかく使いやすかった!
◆最新モデル「Mi 11 Lite 5G」も人気!シャオミに聞く「高性能スマホを安く売れる理由」

関連記事(外部サイト)