パソコンにLEDライトをつければ「暗くて顔が見えないよ」とか言われません

パソコンにLEDライトをつければ「暗くて顔が見えないよ」とか言われません

パソコンにLEDライトをつければ「暗くて顔が見えないよ」とか言われませんの画像

リモートワークの普及により、ビジネスシーンでの使用が一般的になったWeb会議ツール。とはいえ、ノートPCの付属カメラはスマホほど高性能でないことが多く、Web会議を利用する部屋の状況によっては光量が足りないために、表情が読み取りにくい場合も多々あります。だからといって、リングライトを付けるのは、「配信でもないし、ちょっとやり過ぎかも」と感じてしまうことも。

そんな悩めるWeb会議初心者でも安心して導入できるWeb会議用ライトがキングジムから10月5日に登場。「Web会議用スクエアライト PCL10」(3850円)は、簡単操作なうえ顔だけでなく画面全体を明るく照らすことができる長方形型ライトなんです。

取り付け方法は簡単でディスプレイ部分にクリップで挟むだけ。クリップの開き幅は最大約18mmのため、ほぼすべてのPCやモニターで使用可能。ディスプレイ上部に挟んでもカメラが隠れないようにもなっています。またデスクにそのまま置いても自立できる仕様です。本体サイズはおよそW135×D55×H126mm、重さは約200グラム(USBケーブル含まず)。

光量は強、中、弱の3段階から選択可能。また、色温度も昼白色から白色、電球色と3種類から選ぶことができ、画面への映り具合の色味を自然にできます。商談や面接など大事なシチュエーションでも、表情をわかりやすく伝えられそうですね。

さらに、ライトへの給電はUSB給電式を採用。ノートPCやモバイルバッテリーなどから給電できるため、別途コンセントや乾電池を用意する必要がないのはうれしいところです。

画面越しの顔の表情で印象がガラリと変わるテレワーク時代に必須のWeb会議専用ライト。新しいビジネスマナーの一つとして1台は必ず手に入れておきたいものですね。

>> キングジム「Web会議用スクエアライト PCL10」

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆EIZOの新型外付けPCモニターをテレワークの基地にしよう!
◆“ながら漕ぎ”しやすいバイクチェアとデスクでテレワークの運動不足を解消だ
◆旬のキーワードから探すテレワーク快適化アイテム8選【必需家電大全】

関連記事(外部サイト)