シャープが超軽量5Gスマホを発表! しかも、かなり高性能!

シャープが超軽量5Gスマホを発表! しかも、かなり高性能!

シャープが超軽量5Gスマホを発表! しかも、かなり高性能!の画像

シャープが5Gスマートフォンの新モデルを発表しました。約6.4インチの大画面ディスプレイを搭載しながら約146gという軽さを実現した「AQUOS zero6」と、売れ筋のAQUOS senseシリーズの最新モデル「AQUOS sense6」で、どちらも今秋以降に発売されます。

オンラインでの発表の後、メディア向けに新製品体験会が開催されました。いち早く実機に触れてきたので、ファーストインプレッションを交えながら、それぞれの特徴を紹介します。

 

■5Gミリ波に対応しつつ、世界最軽量を実現した「AQUOS zero6」
AQUOS zero6は、これまでも軽さが注目されてきたAQUOS zeroシリーズの最新モデル。従来モデルで最も軽かったのは141gのAQUOS zero2ですが、zero6は大幅な機能強化を図りつつ、わずか5gしか増えていないとのこと。画面サイズが6インチ以上で、電池容量が4000mAhを超える防水対応の5Gスマホにおいて世界最軽量を実現しています。

実際に手にすると、これって実機なの? ちゃんと中身は入っているの? と訝るほどの軽さでした。お札1枚ほどの厚さしかないフレキシブルOLEDを搭載し、それを保護する強化ガラスにも、薄くて頑強な「GORILLA GLASS VICTUS」を採用。さらに、内部フレームにマグネシウム合金を使用し、背面パネルの素材も見直すなど、徹底した軽量化が図られたようです。

機能面にも妥協はなく、プロセッサーはハイミドル向けのSnapdragon 750G 5Gで、RAMは8GB、ROMは128GB。バッテリーは4010mAhを確保しているので、電池持ちも期待できそうです。

アウトカメラは約4800万画素をメインとするトリプルカメラ。フラッグシップの「AQUOS R6」のカメラ画質技術を応用して開発された「ProPix3」という新しい画像エンジンを搭載しています。

大きなアドバンテージとなりそうなのが5Gミリ波への対応。5Gには、6GHz未満の「Sub6」、28GHz以上の「ミリ波」、さらに4Gの周波数帯が転用されることもありますが、最も速いスピードを得られるのがミリ波です。AQUOSスマートフォンでは初で、まだ対応機種が少ないので、速度を最重視する人は注目すべきポイントでしょう。

カラバリは、ブラック、ホワイト、パープルの3色。KDDIとソフトバンクが取り扱い、パープルはソフトバンクだけが販売します。

ボディが金属やガラスではなく、樹脂素材を塗装しているため、質感はややチープな印象。ですが、厚さが7.9mmで、重さはわずか146gなので、スマホケースに入れても、なお薄く軽いことはメリット。長時間ゲームを楽しんだり、片手で持って使うことが多い人には、魅力的な選択肢となりそうです。

 

■必要十分以上の性能を備えた「AQUOS sense6」
シャープは、4年連続でAndroidスマートフォンの国内シェア1位を維持していますが、その人気を牽引しているのが、ミドルレンジのAQUOS senseシリーズ。9月末までに累計出荷台数が1000万台を突破する見通しだそうです。

AQUOS sense6は、senseシリーズで初めてIGZO OLEDディスプレイを搭載し、前モデルのAQUOS sense5Gから約11%の薄型化を実現。厚さは約7.9mm、重さは約156gに抑えています。

コンパクトながら4570mAhの大容量バッテリーを搭載していることも魅力です。プロセッサーはSnapdragon 690 5G。メモリはRAM 4GB/ROM 64GBとRAM 6GB/ROM 128GBの2モデルが用意されます。

アウトカメラには、AQUOS zero6と同じく、AQUOS R6のカメラ画質技術を応用した新画質エンジン「ProPix3」を搭載。ミドルレンジながら、明るく精細な画質で撮影でき、10億色表示に対応したディスプレイに美しく表示できます。

実際に手にすると、軽くてコンパクトながら、画面は約6.1インチと広く、多くの人に好まれそうなサイズ感。アルミを用いたボディはサラサラとした手触りで、むしろAQUOS zero6よりもリッチな印象。従来は画面の下にあった指紋センサーが画面内に搭載され、より触れやすくなった印象です。

カラバリはライトカッパー、シルバー、ブラックの3色で、ドコモとKDDIが取り扱います。なお、ドコモオンラインショップ限定のブルーメタリックも発売されます。価格は発表されていませんが、従来モデル並みの価格(3〜4万円台)になると予測されます。ディスプレイやカメラの性能が大きく向上しているので、高コスパモデルとして人気を集めそうです。

AQUOSスマートフォンは、ライカが監修した1インチセンサーのカメラが注目を集めるフラッグシップのAQUOS R6に、zero6、sense6が加わり、3モデルの「6」が揃いました。カメラ重視ならR6、軽さと速度重視ならzero6、コスト重視ならsense6と、わかりやすいラインナップになったと言えるでしょう。ちなみに、ここに掲載した画像(発表会の画像を除く)は、すべてAQUOS R6で撮影しました。

>> シャープ「AQUOS」

 

<取材・文/村元正剛(ゴーズ)>

村元正剛|iモードが始まった1999年からモバイル業界を取材し、さまざまな雑誌やWebメディアに記事を寄稿。2005年に編集プロダクション「ゴーズ」を設立。スマホ関連の書籍・ムックの編集にも携わっている。

 

 

【関連記事】

◆Galaxyの最新折りたたみスマホ2モデル&スマートウォッチをチェック!
◆「Pixel 5」との違いは少しだけ。なのに2万円以上安い「Pixel 5a(5G)」
◆コンパクトだけどパワフル!「Zenfone 8」はとにかく使いやすかった!

関連記事(外部サイト)