「ScanSnap iX1300」で紙類すべてデータ化して家もカバンもスッキリさせよう

「ScanSnap iX1300」で紙類すべてデータ化して家もカバンもスッキリさせよう

「ScanSnap iX1300」で紙類すべてデータ化して家もカバンもスッキリさせようの画像

自宅で仕事をしていて困るのが、仕事の書類の整理です。オフィスには大きなキャビネットがあったけど、自宅の限られたスペースはスッキリ大事に使いたいもの。紙類は、スキャンして整理するのはどうでしょう?

PFUのパーソナルドキュメントスキャナー「ScanSnap」シリーズの新モデル「ScanSnap iX1300」(3万5200円)は、ワンタッチで書類をデータ化し、部屋の片付けに一役買ってくれます。A4サイズと同等のコンパクトなボディながら、A3までスキャンできますよ。

1枚ずつスキャンしていると膨大な時間がかかりますが、「ScanSnap iX1300」には、毎分30枚の高速読み取りが可能な“Uターンスキャン”を搭載。最大20枚の原稿がセットできるので、書類整理も楽々。しかも、スキャンした紙はスキャナー上部に排出されるので、机に置くスペースはA4サイズほどあればOKなのです。

また、一般的なA4サイズの書類だけでなく、A3サイズの大きな書類もスキャンできてしまうのが強み。この“リターンスキャン”は、本体前面から原稿の給紙・排紙をするようになっています。こちらを使えば、厚手の原稿も読み取れるのです。

たとえば、免許証など厚手のカード類や銀行の通帳、商品のパッケージ、パンフレットなどの厚手の書類もスキャンできます。もちろん名刺やはがき、写真なども、素早くデータ化できますよ。

操作は簡単で、カバーを開ければ連動して原稿台も伸び、自動で電源が入ります。そして原稿をセットしたら、スキャンボタンを押すだけで、データ化完了。さらに、白紙ページ削除や傾き補正などの自動化機能も付いているので、スキャン後の操作も必要ありません。専用アプリを使えば、クラウドにも直接保存できます。

 

必要な書類を電子化しておけば、リモートワークでの共有も簡単。読みたい場所も、パソコンで検索すればすぐに探せます。これがあれば、在宅ワークやフリーランスの仕事も捗るというものです。

もちろん仕事だけでなく、子供が学校でもらってくるプリントや、趣味で集めているフリーペーパー、映画のチラシなども電子化してしまえば、お部屋もスッキリ片付きます。ニューノーマルの時代にピッタリなスキャナーですね。

>> PFU「ScanSnap iX1300」

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆ソニーの新型ワイヤレスヘッドホンはテレワークで活躍間違いなし!
◆EIZOの新型外付けPCモニターをテレワークの基地にしよう!
◆ガバっと開くガジェットポーチでお出かけ&テレワーク

関連記事(外部サイト)