手軽に使えて高コスパなChromebookがFMVシリーズから登場

手軽に使えて高コスパなChromebookがFMVシリーズから登場

手軽に使えて高コスパなChromebookがFMVシリーズから登場の画像

快適に使えるPCをできるだけリーズナブルに手に入れたいなら、ぜひ選択肢のひとつとして検討したいのがChromebook。Googleが開発したChrome OSを搭載するPCのことで、コストパフォーマンスもさることながら、起動の速さや高度なセキュリティ、豊富なアプリなどメリットはいっぱい。手軽で安全に使えるPCとして、教育現場などを中心に普及が広がっています。

そんな魅力たっぷりのChromebookに、この秋国内メーカーとして初めて富士通が参入。「FMV Chromebook 14F」(web価格:8万2280円)とwebモデル「FMV Chromebook WM1/F3」(同:7万9800円)の2製品そろって11月16日より受注をスタートしています。

「FMV Chromebook 14F」「WM1/F3」は、国内メーカーとしては初めてとなるコンシューマ向けChromebook。ChromeOSならではのシンプルな操作感で手軽に使える14型ノートです。

2モデル共通の仕様として、タッチ操作対応の14型ワイド フルHDディスプレイ、CPUとしてインテル Core i3-1115G4 プロセッサーを搭載。打鍵感に定評のある富士通製キーボードのおかげで、レポート作成など長文のタイピングも快適です。最新のWi-Fi 6に対応し、内蔵するwebカメラは有効画素数92万画素で、オンラインによる会議や授業もスムーズに参加できます。

またUSB3.2(Gen2) Type-C、 USB3.2(Gen2) Type-Aをそれぞれ2ポートずつ搭載するほか、HDMI出力やmicroSD対応のメモリースロットを備えるなどインターフェースも充実。必要に応じて外部ディスプレイやプロジェクターに接続もできるので、仕事にもプライベートにも用途が広がります。さらに上質感漂う蒸着箔コーティングなど、洗練されたルックスも魅力のひとつ。

「14F」はメモリーは8GB、ストレージとしてSSD 128GBを搭載。Googleがトップクラスのスペックとして定めた“PREMIUM CHROMEBOOK”の条件を満たしており、複数アプリを同時に立ち上げたマルチタスクなど負荷の高い処理もストレスフリーにこなせます。

一方Webモデルとして位置づけられる「WM1/F3」は、メモリーは4GB、ストレージはeMMC 64GBとスペックはやや控えめですが、そのぶんだけ手の届きやすい価格を実現したバリューモデル。

どちらも重さは約1.29kgで本体厚は19.9mm。どこでも持ち歩いて気軽に使える軽さと薄さは、PCとの関係をさらに身近なものにしてくれそう。製品出荷は12月10日を予定しています。

>>?FMWORLD

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆大画面16インチで2in1で約1480gってイエナカノートPCにピッタリ!
◆ミルスペックで5in1な新型dynabookは仕事でも遊びでも満足スペック!
◆価格もサイズもちょうどいい!VAIOのイエナカ系ノートPC

関連記事(外部サイト)