iPadにケースを付けるならキーボードにもスタンドにもなる方がいいよね

iPadにケースを付けるならキーボードにもスタンドにもなる方がいいよね

iPadにケースを付けるならキーボードにもスタンドにもなる方がいいよねの画像

テレワークやワーケーションなど働き方の幅が広がったことで、持ち運びに便利なiPadを仕事で活用している人も多いはず。ただ、仕事で使うために持ち歩くとなると、Bluetoothキーボードや折りたたみのスタンドなども一緒にカバンにしまったりして、結局荷物が増えてしまうことも…。

そんなジレンマを解消してくれるのが、トラベルグッズブランドのMOBO(モボ)から登場した「Clamshell Keyboard with Touch Pad for iPad(クラムシェル キーボード タッチパッド フォー アイパッド)」(実勢価格:6000円前後)。iPadケース、キーボード、タッチパッド、スタンドがすべて一緒になった一体型だから、これだけ持って出かければ、どこでもすぐに仕事ができます。

閉じているとただのiPadケースに見えますが、開けばノートPCのように変身し、そのまますぐに使うことが可能。カバー部分がマットのように広がり、ちょうど手を置くスペースができるのも上手く考えられています。

もちろんオートスリープにも対応。電源を入れたまま慌てて片付けても、ケースを閉じれば自動的にiPadがスリープ状態になるので、バッテリーの節約に繋がります。

キーボードとタッチパッドはBluetoothでiPadと接続。タッチパッドは3本指のジェスチャー動作にも対応しているので、操作に慣れてくれば作業がグンとはかどるはず。

なお、Bluetooth接続はマルチペアリングに対応しており、iPad以外にiPhoneなどのもう1台のデバイスと接続することも。キー操作で簡単にデバイスを切り替えられるので、iPadでの作業中に、iPhoneでメッセンジャーアプリの返信だってできます。

背面のスタンドは自由に角度を調整可能。作業中の姿勢や光の差し加減に合わせてベストな角度に変えられるので、設置でストレスを感じることはありません。

使用機種に合わせた、第7・8・9世代のiPad(10.2インチ)対応モデルと、iPad Pro(11インチ)およびiPad Air(第4世代)対応モデルの2種類を発売。iPad Proに対応したモデルは、Apple Pencilを付けたままケースが閉じられるようになっています。

iPadでの作業がはかどる一体型のケース。実際に仕事でiPadを使っている人や、これからiPadをサブPC代わりに使おうと考えている人は要チェックです。

>> MOBO「Clamshell Keyboard with Touch Pad for iPad」

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆iPadをちょっと快適にするキーボード操作5選|iPad Hacks
◆=も( )も1キーで入力!Excelヘビーユーザー歓喜のテンキーです
◆ノートPCもタブレットもスマホもキーボードもまとめて置けるぞ!

関連記事(外部サイト)