電波の強さをアプリで可視化できるメッシュWi-Fiルーターって面白いね

電波の強さをアプリで可視化できるメッシュWi-Fiルーターって面白いね

電波の強さをアプリで可視化できるメッシュWi-Fiルーターって面白いねの画像

今や子どもから年配者まで、家族全員がそれぞれスマホやゲーム機など自分専用のネット端末を手にする時代です。

家じゅうすみずみまで安定したWi-Fi電波で満たしたいなら、選ぶべきはやっぱりメッシュ対応ルーター! というわけで、ファーウェイ・ジャパンから2月22日より発売の新製品「HUAWEI WiFi Mesh 3」(2ユニットモデル 2万5980円)をご紹介します。

ファーウェイ「HUAWEI WiFi Mesh 3」は、同ブランドの家庭用メッシュ対応ルーターとしては国内初投入となるもの。

導入しやすい2台パックで、2台合わせて約400立方メートルもの広い範囲をカバー。高速で安定した通信環境を実現するWi-Fi 6に対応しており、データ転送速度は2.4GHz帯で574Mbps、5GHz帯で2402Mbpsで理論値最大3000Mbps。加えて、同社独自の規格であるWi-Fi 6 Plusにも対応しています。

2階建てや3階建ての戸建てでは、使っているうちに「なんだかここだけ電波が弱いみたい」と感じる場所が見つかるものですが、そんな時に活躍するのが無償提供される「HUAWEI AI Life」アプリ。

基本的にはデバイスの種類に応じた速度設定やペアレンタルコントロール、Wi-Fiタイマー機能、ゲスト設定など、家庭内ネットワークの稼働状況を管理するためのものなのですが、これを使えば設置したルーターのユニットごとの電波強度を視覚的に捉えられるのです。

例えば「リビングとキッチンは問題なし」「2階奥の寝室がちょっと弱そう」など電波の状態を目で見て確認できるから、アクセスポイントとして使っているユニットをどこに移動すればいいか、あるいはどこに追加すれば最も効果的なのかが一目瞭然。

オプションとして発売予定の追加用1ユニットモデル(1万3980円/3月以降発売予定)を追加すれば、まさに家じゅう隈なく、安定した電波で満たすことができるようになります。家の中どこででもストレスフリーでスマホやタブレットが使えればIoT家電の導入もしやすいし、デジタル機器の操作や設定が苦手な親世代や子どもたちも安心して使えそう。

このほかブルートフォースやARPスプーフィング、ワンクリック詐欺といった脅威には、セキュリティ機能“HUAWEI HomeSec”で対策。インテリアの邪魔になりにくい、丸みを帯びた筒型デザインも高ポイントです。

>>HUAWEI「WiFi Mesh 3」

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆Wi-Fi 6にメッシュにセキュリティ機能搭載!ルーターを変えて家のネット環境を快適に!
◆Wi-Fi 6×メッシュ×有線対応ルータで在宅ワーク環境をがっつり強化!
◆Wi-Fi 6関係ない?いやいやスティック挿すだけで恩恵が得られますよ

関連記事(外部サイト)