Galaxyが最新モデルを発表! 最注目のSペン付き「Galaxy S22 Ultra」の使い勝手は?

Galaxyが最新モデルを発表! 最注目のSペン付き「Galaxy S22 Ultra」の使い勝手は?

Galaxyが最新モデルを発表! 最注目のSペン付き「Galaxy S22 Ultra」の使い勝手は?の画像

サムスン電子ジャパンが4月7日、Galaxyの最新モデルの日本発売を発表しました。スマートフォンはハイスペックの「Galaxy S22」「Galaxy S22 Ultra」と、ミッドレンジの「Galaxy A53 5G」「Galaxy M23 5G」の全4機種です。

Galaxy S22/S22 Ultraはドコモとauから4月21日に発売されます。ドコモ版の価格は未定。au版はS22が12万5030円で、S22 Ultraが17万8820円。使い終えた後の返却を条件とする「スマホトクするプログラム」適用時の実質負担金は、S22が7万1990円で、S22 Ultraが10万7180円となっています。

A53 5Gはドコモ、au、UQ mobileが取り扱い、5月下旬発売予定(価格未定)。M23 5Gはオンライン専用のSIMフリーモデルで、4月21日からAmazonとGalaxy Harajukuで販売が開始されます。Amazonでの価格は4万975円と案内されています。なお、キャリアが発売するモデルにもSIMロックはかかっていませんが、M23 5GはSIMを2枚挿せることがメリットです。

フラッグシップのGalaxy S22とGalaxy S22 Ultraを発売に先駆けて借りることができたので、まずは、その使い心地を本音でレポートしていきます。

 

■Galaxy S22は携帯性とパワーの両方を求める人にオススメ
Galaxy S22は、コンパクトで片手で扱いやすいことが利点。されど、ディスプレイは6.1インチと大きく、120Hzの高リフレッシュレートにも対応しています。

CPUには現行機種向けでは最高峰といえるSnapdragon 8 Gen 1(最大2.9GHz)を採用。RAMは8GB。素早いタッチ操作への追従性も良く、全くストレスを感じることなく操作できました。

カメラは広角(5000万画素)+広角(約1200万画素)+望遠3倍(1000万画素)の3眼構成。そもそもGalaxyのカメラはきれいに撮れるのですが、とくに夜景の撮影画質が大きく向上しているように感じました。

画像補正機能も進化しています。意図せずにして写り込んでしまった人や物を消せる「オブジェクト消去」という機能は以前から搭載されていましたが、さらに影や反射も消せるようになっていました。これらの機能がS22だけでなく、S22 Ultraでも利用できます。

 
■Galaxy S22 Ultraは「曲がらなくてもいい」なら最高の端末
Galaxy S22 Ultraは、同じ「S22シリーズ」とは言え、ベーシックモデルのS22とは、かなり印象が異なります。

S22 Ultraは約6.8インチの有機ELディスプレイを搭載。S22のディスプレイはフラットですが、S22 Ultraは左右が曲面でベゼルレスに見える仕様。背面にはクアッドカメラを搭載。そして、Galaxy Sシリーズでは初めてSペンを内蔵していることが大きな特徴になっています。

機種名としては、昨年発売されたS21 Ultraの後継ですが、実際に手にした印象は、Galaxy Noteシリーズの最後のモデルNote20 Ultraにも近く、世界では「Galaxy Noteが復活した!」と喜んでいるユーザーも多いようです。

Sペンは本体の左下に収納されていて、カチッと押して取り出します。ちなみに前モデルのS21 UltraもSペンに対応していましたが、別売で、端末内に収めることはできませんでした。やっぱり、本体に内蔵されているのは便利ですね。Sペンは「なくても操作できるけど、あったら用途が広がる」という機能。これまでGalaxy Sシリーズを使っていた人は、S21 Ultraを選ぶことで、スマホの使い方をグンと拡張できるかもしれません。

筆者はそもそも、スタイラスペンで文字を書くのは苦手なのですが、Sペンはアナログのペンや鉛筆のような書き心地で、デジタルペン特有の遅延もほとんど感じません。手書きの文字をテキストに変換できる機能もすぐに使いこなせて重宝しました。

クアッドカメラは広角(1億800万画素)+超広角(1200万画素)+望遠3倍(1000万画素)+望遠10倍(1000万画素)という構成。S22よりもスペックが高く、デジタルズームとの組み合わせで最大100倍まで撮影できることも利点です。

いろいろ倍率を変えて撮ってみましたが、30倍くらいまではほとんど画質が粗くならず、日常的に使えるように感じました。最大の100倍にするとさすがに粗くなりますが、遠くのある物を確認したいときなどに重宝しそうです。

撮影シチュエーションに関係なく、どのレンズを使ってもきれいに撮れる印象で、インカメラも4000万画素で、高画質で撮れます。カメラ性能は、あらゆるスマホの中でトップクラスと評価できそうです。

CPUにはS22と同じくSnapdragon 8 Gen 1(最大2.9GHz)。RAMはS22よりも多い12GB。サクサクとストレスなく操作できたことは言うまでもありません。5000mAhの大容量バッテリーを搭載しているので、ヘビーに使う人でも余裕で1日は持ちそうです。

Galaxyは、折り曲げる「Galaxy Z Fold3」を最上位に据えていますが、カメラの性能やSペン内蔵という利便性ではS22 Ultraに軍配が上がります。「スマホは曲がらなくてもいい」と言う人には最高の選択肢となるでしょう。

 
■ミッドレンジのA53 5GとM23 5Gもかなり高性能
ドコモ、au、UQ mobileから発売されるGalaxy A53 5Gは、6.5インチの有機ELディスプレイを搭載するミッドレンジモデル。しかし、120Hzのリフレッシュレートに対応し、6400万画素をメインとするクアッドカメラを搭載するなど、ハイスペックモデルに近い性能を備えています。

サムスン電子ジャパンが初めてオープンマーケットで発売するGalaxy M23 5Gは6.6インチの液晶ディススプレイを搭載。CPUがSnapdragon 750Gで、RAMは6GBというミドルハイ仕様。5000万画素をメインとするトリプルカメラを備えています。約4万円という買い得感のある価格なので、MVNOのユーザーは検討する価値がありそうです。

>>?Galaxy

 

<取材・文/村元正剛(ゴーズ)>

村元正剛|iモードが始まった1999年からモバイル業界を取材し、さまざまな雑誌やWebメディアに記事を寄稿。2005年に編集プロダクション「ゴーズ」を設立。スマホ関連の書籍・ムックの編集にも携わっている。

 

 

【関連記事】

◆折りたためるスマホ「Surface Duo 2」と「Galaxy Z Fold3」を使い比べてみた!
◆タフガラケーはこれが最後!? 懐かしくてカッコいい「G’zOne」が9年ぶりに復活!
◆10万円超のコンパクトスマホ「BALMUDA Phone」が表現するバルミューダらしさとは

関連記事(外部サイト)