賢くリーズナブルに使いこなしたいハイコスパスマホ7選【週末趣味 ソト遊び&イエ遊び】

賢くリーズナブルに使いこなしたいハイコスパスマホ7選【週末趣味 ソト遊び&イエ遊び】

賢くリーズナブルに使いこなしたいハイコスパスマホ7選【週末趣味 ソト遊び&イエ遊び】の画像

【週末趣味 ソト遊び&イエ遊び】
ご存じの通り、スマートフォンはイエ遊びの宝庫。アプリ次第で、ゲームはもちろん、漫画や電子書籍、動画、イラスト作成などを楽しめます。また、普段使っていないOSの安価な機種を使ってみるのも楽しいものです。
*  *  *
スマートフォンのハイエンドモデルが軽く10万円を超える一方で、安価に入手できるエントリーからローミッドまでの機種も、ある程度の性能を備えているのが昨今の特徴だ。特にスマートフォンのゲームアプリは、アプリ側が端末に合わせて負荷を下げてくれることもあるため、よほどグラフィックの重いアプリでなければ、意外と遊べてしまう。こうした端末は予算的に手を伸ばしやすく、メインでの運用はもちろん、サブ機としての要素も満たしやすい。

市場トレンドをおさらいしておくと、ここ数年で市場における存在感を強めたのはシャオミなどの中華メーカーだ。おサイフケータイや防水性能などいわゆる日本仕様をサポートした機種も普及価格帯では展開する。一方、昨年秋からキャリアモデルもSIMフリー前提となり、シャープやFCNT、サムスンといったおなじみのメーカーが、普及価格帯で展開するモデルも気になる。また、iPhoneユーザーとしては3月に発売された「SE」の第3世代にも注目。安価に入手でき、最新チップセットのパワーの恩恵を享受できる端末だ。

購入検討時には、一般的になった5G通信プランへの対応や初期不良などの補償状況などについてもチェックしておこう。

ITライター 井上晃さん
クリエイティブツールの話は大好物。普段からApple製品やAdobe CC製品群の取材を中心に、最新事情を追う。趣味を兼ねて、動画編集、イラスト、DTM、CGモデリングなど各種ツールの話題にもアンテナを張る。

【ハイコスパスマホを選ぶ際のチェックポイント】
・5G通信をサポートしているかどうか
・非接触決済や防水に対応しているか
・初期不良に備えたサポートはあるか

 
1. 中身が進化した「第3世代」です
上位モデルに匹敵する性能の端末を5万円台で入手できるのでコスパは高め。Touch IDにこだわる人にも◎(井上さん)
Apple
「iPhone SE」(5万7800円〜)

3月に発売された新モデル。従来世代の筐体を踏襲しつつ、iPhone 13シリーズと同じ「A15 Bionic」を搭載し、撮影機能などを強化。ガラスも強度の高いものに刷新された。

 
2. 5G非対応だけどミッドレンジ級
2万円台でスナドラ600番台は高コスパ。リフレッシュレート90Hz・最大1000ニトのディスプレイにも注目です(井上さん)
シャオミ
「Redmi Note 11」(2万4800円)

6.43型のフルHD+有機ELディスプレイを搭載。SoCはSnapdragon 680で、メモリは4GB、ストレージは64GB。防滴性能こそ備えるが、おサイフケータイや5Gは非対応だ。指紋センサーは側面に搭載。

 
3. ローミドルクラスの人気シリーズ
2万円台の端末に比べるとひと回り高いですが、防水やおサイフなどの対応は強み。カメラの仕様も堅実です(井上さん)
シャープ
「AQUOS sense 6」(実勢価格:4万円前後)

「sense」シリーズの最新モデルで、SoCにはSnapdragon 690を搭載。6.1インチの有機ELディスプレイや4570mAhのバッテリーを搭載する。5G通信やeSIMのDSDVに対応。

 
4. バランス感に優れたおすすめの一台
スナドラ700番台、ROM128GB搭載などコスパの高さが際立ちます。おサイフや防水の対応も嬉しいところ(井上さん)
OPPO
「Reno5 A」(実勢価格:4万3800円前後)

昨年夏に発売された機種だが、今年2月にはワイモバイルがeSIM対応モデルを発売するなどまだまだ話題。6.5型のフルHD+ディスプレイはDCI-P3の色域を100%カバーする。

 
5. 5G対応でコスパも抜群!
ゲームアプリをまとめられるランチャー機能があり、プレイ中には通知を止めるといったカスタマイズも可能です(井上さん)
FCNT
「arrows We」(実勢価格:2万5000円前後)

安心を意識した5.7型のエントリーモデル。Snapdragon 480を搭載しつつも、5Gに対応。eSIMもサポートする。FMラジオにも対応。子ども向けの使用制限設定も可能だ。

 
6. スタミナ重視派にオススメ
画面解像度がHD+など価格相応な部分もありますが、5G通信や防水・おサイフには対応しています(井上さん)
Samsung
「Galaxy A22 5G」(実勢価格:2万2000円前後)

NTTドコモが取り扱う5.8型のエントリー向けモデルで、CPUにはMediaTek MT6833Vを搭載。スマホ初心者でもわかりやすい「かんたんモード」への切り替えにも対応。

 
7. デザイン重視のシンプルモデル
素朴なエントリー機ゆえに、デザインにこだわった端末を触ってみたい人にはおすすめ。おサイフケータイも使えます(井上さん)
シャープ
「AQUOS wish」(実勢価格:3万円前後)

シンプルさがウリの5.7型スマートフォンで、筐体に再生プラを約35%使いながら、防水防塵に加え耐衝撃にも対応。5Gに対応し、eSIMのDSDVもサポートする。

 
<話題のフォルダブルスマホの人気が上昇中!>
マイクロソフト
「Surface Duo 2」(18万4580円〜)

IDCによれば、21年の世界のフォルダブルスマートフォン出荷台数は前年比264.3%増。22年1月には「Surface Duo 2」が発売されるなど市場の動きが活発だ。今後も面白い端末の登場に期待は高まる。

>> 特集【週末趣味 ソト遊び&イエ遊び】
※2022年4月6日発売「GoodsPress」5月号30-31ページの記事をもとに構成しています
<取材・文/井上晃>

 

【関連記事】

◆スマホで月のクレーターを撮影できるって楽しそう!
◆スマホのアプリを起動してなくても自動で計測結果を転送!
◆DVDをスマホで鑑賞!? 新型「ラクレコ」があればPCなしでも可能ですよ

関連記事(外部サイト)