16:9を縦に並べて16:18!縦に長〜いモニターで動画作業がはかどる!

16:9を縦に並べて16:18!縦に長〜いモニターで動画作業がはかどる!

16:9を縦に並べて16:18!縦に長〜いモニターで動画作業がはかどる!の画像

LGエレクトロニクスから、画面サイズ27.6インチ、画面比率16:18の液晶ディスプレイ「28MQ780-B」(予想実勢価格:9万5000円前後)が新登場。4月下旬発売予定です。

なんてさらっとお伝えしてみましたが、一般的にディスプレイの画面比率といえば横:縦=16:9が主流です。もちろん90度回転させるピボット機能で縦長画面で使えるディスプレイもあるけれど、それにしたって“16:18”という縦横比は、冷静に考えるとちょっと聞き捨てなりません。正方形に近い縦長サイズのディスプレイって、いったい何者?

実はこの「28MQ780-B」、2022年1月に米ラスベガスで開催された国際見本市・CES 2022においてもイノベーション・アワードに輝いた話題の液晶ディスプレイ。

最大解像度は2560×2880、LGエレクトロニクスではこれをSDWHD(SquareDouble QHD)と表現しています。あまり耳なじみのない数値ですが、言うなれば解像度WQHD(2560×1440)の21インチディスプレイを2台縦に合体させたようなイメージです。

縦方向に長さのあるスタイルは斬新ですが、考えてみればスマートフォンの普及のおかげで縦長画面はすっかり身近になっています。列数の多いエクセルデータも一度に多くの情報量が目に入るし、縦向き書類もwebブラウザの画面も一度に閲覧できたりと、実際の使用シーンを想像してみると思った以上に実用的。

「なるべく広い表示領域を確保したいけど、設置スペースの都合上複数モニターを横に並べるのが難しい」というユーザーにとっても、縦方向に画面を拡張できる「28MQ780-B」はかなり有効な選択肢になるかもしれません。

画面を2分割してそれぞれに異なる入力ソースの映像を表示できるPBP(Picture by Picture)にも対応するので、例えば動画クリエイターであれば、制作画面と配信画面を1台のモニターで2画面同時に表示できて好都合。PCとの接続もケーブル1本で手軽に接続できるUSB Type-Cに対応、さらにHDMI端子を2ポート、DisplayPortを1ポート搭載しているので、さまざまな入力ソースに対応できるのも強みです。

アームスタンドは130mmまで高さ調整可能で、さらに左右それぞれ335°ずつのスイベル、前後それぞれ25°ずつのチルトに対応。作業環境や内容に合わせて見やすい位置、角度に微調整できるほか、90°回転できるピボット機能も搭載します。

液晶パネルは、デジタルシネマ規格DCI-P3を98%カバーするLG独自のNano IPSテクノロジー搭載パネルを搭載。また、これもLG独自の“Live Color Low Blue Light”を採用し、ブルーライトによる目への負担を軽減しながらより正確な色再現を可能にしています。

一見突き抜けた個性派モデルに見えて、その実デスクワークからクリエイティブな制作現場まで、さまざまなシーンで活躍しそうな新モデル。あなたならどんな場面で使ってみたいですか?

>>LGエレクトロニクス「28MQ780-B」

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆自在に動かせてUSBポート付き!モニターアームで快適仕事空間を作ろう
◆在宅ワークのクオリティを上げる機能全部盛りディスプレイだ!
◆昇降自在!スタンド式の液晶ディスプレイ用アームで仕事がはかどる

関連記事(外部サイト)