最近のPCは端子が少ない!不満なら超多機能なドックを使えばいいかも

最近のPCは端子が少ない!不満なら超多機能なドックを使えばいいかも

最近のPCは端子が少ない!不満なら超多機能なドックを使えばいいかもの画像

最近のPCはスリムでスタイリッシュな製品が多いですが、薄さを追求するあまり、USBポートなどの端子の数が少なくなっているのが現状。それにカードスロットもほぼ付いていないので、SDカードを読み込むには外付けのカードリーダーが必要です。

TUNEWEAR(チューンウェア)の箱型USB-Cドッキングステーション“ALMIGHTY DOCK CXシリーズ”は、ポート不足を一挙に解決できる製品。17ポートもの拡張性を持つ「ALMIGHTY DOCK CX1」(1万5400円〜 5月10日現在)と、さらにSSD内蔵に対応した18-in-1の拡張性を備えた「ALMIGHTY DOCK CX2」(1万8480円〜 5月10日現在)の2機種をラインナップ。クラウドファンディングサイト・GREEN FUNDINGにて先行予約受付中です。

“ALMIGHTY DOCK CXシリーズ”は、USB-Aポートを7つ搭載。前面に4ポート、背面に3ポートあり、前面の3ポートは理論値最大5Gbpsのデータ転送に対応。USBメモリや外付けSSDなど、読み書きを行う外部ストレージの接続に向いています。

また、PC本体の充電にも使えるUSB-C PD 3.0ポートも1つ搭載。理論値で「ALMIGHTY DOCK CX1」は最大85W、「ALMIGHTY DOCK CX2」は最大92.5Wを給電できます。前面にも、最大5Gbpsの高速データ転送に対応したUSB-Cポートを1つ装備。

最大2TBのSD/microSDカード対応のスロットも搭載しており、写真や動画を転送できます。他にも、有線インターネットを使用するためのEthernet RJ45端子や、マイク端子・オーディオ端子も搭載と、無線非対応な機器の接続も可能です。

同シリーズはノートPC画面以外に、最大3画面の拡張ができるのもポイント。「ALMIGHTY DOCK CX1」は最大4K表示を含むHDMI端子を2ポートとVGA端子を1ポート備え、「ALMIGHTY DOCK CX2」は同様のHDMI端子を3ポート搭載しています。

加えて「ALMIGHTY DOCK CX2」は、内部にSSDを挿せるエンクロージャを搭載しており、PCのローカル・バックアップを行える仕様になっています。ちなみに、Mac OSの標準バックアップ機能“Time Machine”にも対応しています。

さらにボディは放熱性の高いアルミニウムを採用し、設置面積もこれだけのポート数を持ちながら約73×125mmに抑えています。ノートPCや外付けモニターで作業する上で、まさに基地となってくれるドックです。

>>GREEN FUNDING「ALMIGHTY DOCK CXシリーズ」

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆HDMIも有線LANポートも付いてるドックなのに超ちっさい!
◆SSDスロット付き!全部入りドックにつなげてマイマシンを強化しよう!
◆端子が少ないノートPCはドックを使って拡張性をアップしよう!

関連記事(外部サイト)