落としても濡れても壊れない!こんなモバイルバッテリー待ってました

落としても濡れても壊れない!こんなモバイルバッテリー待ってました

落としても濡れても壊れない!こんなモバイルバッテリー待ってましたの画像

容量が大きければ大きいほど使い道が広がるモバイルバッテリー。普段使いはもとより、アウトドアでのデジタル活用の可能性も広げてくれる頼もしいアイテムですが、そうした用途を想定するならやはり気になるのが耐衝撃性能や防水性能。

いくら便利でも取り扱いにいちいち気を使うようでは使い勝手も今ひとつ、屋外で使うなら少々ラフに使っても大丈夫なものが理想です。

例えばクラウドファンディング・CAMPFIREにて先行発売受付中の、ZITSUGEN「VA-ZOO」(8850円〜 1月18日現在)はいかがでしょうか。

「VA-ZOO」は、衝撃に耐えるタフな仕様が自慢の多機能モバイルバッテリー。一般的にバッテリーにとって弱点とされる耐衝撃性を克服するべく、度重なる落下テストを繰り返すことで、安全性を確保。

さらにIPX6の基準を満たす防水性能を備えるので、突然の天候不良も、水滴がかかりそうな場所での使用も大丈夫。軽い汚れなら水道水でさっと洗ってきれいにすることもできるので、キャンプやフェス、スポーツシーンなど、屋外でも気兼ねなく使えます。

搭載バッテリーは2万mAhの大容量で、出力先として3つのUSBポートを本体側面に装備。うち2ポートは高速充電機能に対応、約45分でiPhone XRをフル充電できます。

本体上面にはデバイスを置くだけで即充電を開始するワイヤレス充電パネルを搭載。このパネルにはさらに最大799ルーメンの高輝度LEDを搭載しており、ちょっとした照明代わりにも使用可能。

明るさは3段階で調整できるようになっているので、ちょっとしたランタン代わりにも、夜間のアクシデントに備えた非常照明としても重宝しそう。

さらに対面に搭載したソーラーパネルでは太陽光発電が可能。発電した電力は「VA-ZOO」本体やデバイスへと供給できるようになっているなど、まさに “多機能オールインワンパワーバンク” の名前に負けない、豊富な機能を備えます。

本体サイズは178×97×30mmで、重さは556g。1月18日現在、8850円から支援受付中。プロジェクト受付は1月31日までとなっています。

>>CAMPFIRE「VA-ZOO」

 

[関連記事]
スマホの電池がピンチ。「少しでいいから復活して!」を助けます

この大容量モバイルバッテリー、防水でワイヤレス充電できてソーラーパネル付き!

27万3000mAhなんてもう非常用電源レベル!洗濯機や冷蔵庫にだって電力供給可能です

(文/&GP編集部)