5Kディスプレイを搭載した“完全ワイヤレス”VRヘッドセットが気になる!

かねてより世界中のVRマニアから熱い視線が注がれていた香港発のハイエンドなVRヘッドセットが、完全ワイヤレスになって日本再上陸!

5Kの高解像度に対応しながら、オールインワン&完全ワイヤレスで380gという軽量化を実現したVRヘッドセット「arpara VR オールインワン」(9万5880円〜 6月23日現在)が、CAMPFIREにて6月21日先行予約をスタート。衝撃のスペックをあらためて紹介します。

最初に心得ておきたいのはこの「arpara VR オールインワン」、完全に“VRガチ勢”に向けたモノ。価格からしておおよそ想像がつくかもしれませんが、スマホひとつでサクッとゲームや映像が楽しめるVRゴーグルとは別次元にあるモノとしてとらえましょう。

開発元であるARPARAからは約1年前にケーブル接続タイプの「arpara VR」が発売されており、今回登場の新モデルはいわばそのワイヤレスバージョン。前モデルも国内外で大きな話題を呼びましたが、「やっぱりVRは自由に動けなくちゃ」ということで登場したのが完全ワイヤレス化を実現した新製品というわけです。

やはり特筆すべきは、両眼合わせて5120×2560という圧倒的な高解像度、これは一般的なVRヘッドセットの5〜6倍に相当します。

きめ細かな映像表示を実現しているのは、2枚の1.03型マイクロOLEDディスプレイ。OLEDは従来使われてきたLCDに比べて低消費電力、コントラストと応答速度に優れ、さらに広い動作温度が可能。またVR描画の課題であるスクリーンドア現象(ディスプレイに網目模様が見えてしまう問題)もAMOLEDよりも効果的に除去できるとのこと。

FOV(視野角)も95°と広く、白とびや黒つぶれが発生することもなし。緻密なコンテンツの美しさを臨場感たっぷりに堪能できます。

さらに驚くのはオールインワンで380gという世界最高レベルの軽さを実現していること。しかも内蔵バッテリーは6500mAh! 映画なら2時間、ゲームなら2.5時間遊べる余裕の大容量です。

チップセットにはVR専用Qualcomm Snapdragon XR2を搭載、ゲームを楽しむための専用コントローラーも付属。素早いレスポンスでゲームも存分に楽しめます。さらにヘッドセットにはスピーカーも内蔵。オーディオジャックを介してワイアードのヘッドホンを使ってもいいし、Bluetoothを経由してワイヤレスイヤホンを使うことも可能です。

VRにも妥協のない描画性能を求めるユーザーならぜひともチェックしておきたいところです。

>> CAMPFIRE

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆軽くてコンパクトでメガネのようなVRグラスなら持ち歩きも苦じゃないね
◆超軽量な200g!メガネ不要で使えるVRヘッドセットでゲームに没入!
◆スマホを使ってお手軽にVRで3D映像を楽しもう!

関連記事(外部サイト)