ドラレコの“駐車監視”を自動でOFF!必要ない場所を管理できる後付けガジェット!

ドラレコの機能であると安心なのが駐車監視(パーキング)モード。車上荒らしや当て逃げ対策として有効なのですが、クルマのバッテリーで駆動するので、自宅の車庫など、トラブルの可能性の低い場所で起動してしまうとバッテリーを無駄に消費してしまうことに。

そこで登場したのが、ドラレコと組み合わせることで、駐車監視を自動でオンオフできるガジェット、ikeepの「iZONE」(1万6500円)。GPSを使って駐車監視の不要な場所を管理できるんです。

ドラレコと電源との間にかませて使用する「iZONE」は、常時電源・ACC電源・アースポイントを接続して使用。ほぼすべてのドラレコに対応します。

駐車監視をオフにしたい場所の登録は、本体のSET UPボタンを押すだけ。GPS登録のクリア作業も同じボタンの長押しで可能です。

シャッター付きの自宅駐車場など、駐車監視モードの必要の無い場所で常時電源をカットするためには、わざわざ手でケーブルを抜いたりといった作業が必要でしたが、そんな面倒な作業を自動化でき、ストレスなくバッテリーの無駄遣いを防止できるようになります。

また、GPSの受信できない駐車場でも活用できるよう“3分タイマー”という機能も搭載。GPSの切れる地点の手前で、SET UPボタンを2度押しすることで、その地点通過後の3分の間にエンジンをオフにすると、ドラレコの電源もオフになるという仕組み。

接続のためのインプット・アウトプットケーブル、GPSケーブルが付属。本体には動作確認ができるLEDランプも搭載されています。安心のために取り付けるドラレコで、無駄なバッテリー消費で気を揉みたくはないもの。クルマを大切に乗り続けたい人はぜひチェックを。

>> ikeep「iZONE」

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆“THE商用車”なタウンエースがオシャレな“遊びクルマ”に変身!
◆転びづらい!安定走行!最先端電動モビリティは”バランス”がポイント
◆車内のティッシュどこに置いてる?スキマに差し込めるケースが便利だぞ!

関連記事(外部サイト)