コスパが凄すぎ! と噂のハイエンドスマホ「POCO F4 GT」を使ってみました!

6月23日に「POCO(ポコ)」という新しいブランドが、日本のスマホ市場に参入しました。日本でも存在感を強めつつあるXiaomi(シャオミ)が、Xiaomiとは別に展開するブランドで、すでに世界91の国・地域に進出し、2021年の出荷台数は2300万台に達しています。

Xiaomiは中国のメーカーで、中国から世界に広がりましたが、POCOは中国国内では販売されていません。すでにPOCOが進出しているアジアやヨーロッパの国では、コスパの高さで支持を集めており、ローエンドからハイエンドまでをカバー。日本向けの第1弾として6月23日に発売された「POCO F4 GT」は最新のハイエンドモデルです。

プロセッサーには現行機種向けとして最高峰といえる「Snapdragon 8 Gen 1」を搭載。ゲームがしやすいショルダーボタンを備え、クアッドスピーカーを搭載するなど、ヘビーユーザーが注目すべきポイントが多い端末に仕上がっています。

半導体不足や円安傾向など、昨今の状況を考えると、10万円を超えてもおかしくない仕様ですが、価格はRAM 8GB+ROM 128GBモデルが7万4800円、RAM 12GB+ROM 256GBモデルが8万4800円。かなり魅力的な価格になっています。

はたして買って満足の端末なのか? 実は残念なところがあったりするのか? 上位の12GB+256GBモデルを1週間ほど、じっくり使ってみました。

 

■ ■ゲームや動画鑑賞に適した大画面&スピーカーを搭載
ディスプレイは6.67インチと大きめ。厚さは8.5mmあり、重さは210gもあります。ですが、手に持って “ゴツい” “デカ過ぎ” と感じることはありません。バランスが取れたサイズ感で、ゲームや動画を楽しむためには、これくらいのサイズがスタンダードになってくるのではないかと感じました。

▲6.67インチの有機ELディスプレイを搭載。解像度は2400×1080ピクセル。小さな文字もクッキリ表示される

ディスプレイは有機ELなので、メリハリがある画質で、視認性は良好。リフレッシュレートは最大120Hzで、タッチサンプリングレートは最大480Hzを実現しています。実際に操作感はなめらかで、激しめのタッチ操作が必要なゲームもストレスを感じることなくプレイできました。

▲リフレッシュレートは最大120Hzに設定できる

右側面には「ポップアップトリガー」というショルダーボタンが付いています。主用途はゲーム用ですが、2回押しや長押しでよく使う機能を起動するようにも設定できます。また、使わない場合は、ボタンを格納して誤操作をしないようにも配慮されています。

▲右側面にポップアップトリガーと電源キーを装備。なお、電源キーには指紋センサーも搭載されている

▲ポップアップトリガーを使わない時は、凹ませられるので誤操作を防げる

▲ポップアップトリガーに、カメラやレコーダーの起動を割り当てることもできる

▲左側面にはSIMスロットと音量キーを搭載。本体の上下に加えて、ここにもマイクを搭載し、ゲーム実況の音声も集音しやすくなっている

横向きに持った場合の左右にスピーカーを搭載。それぞれツイーターとウーファーを備えたクアッドスピーカーで、迫力のあるステレオサウンドを出力できるのこと。従来のXiaomiのスマホは、スピーカーの音量はそこそこ大きくできるものの、音質は今ひとつという印象があったのですが、POCO F4 GTの内蔵スピーカーは音質もかなり向上したように感じました。ゲームをプレイする際はもちろん、「YouTube」や「Netflix」を見る際も満足できること請け合いです。

▲上部にスピーカーとマイクを搭載

▲底部にはUSB Type-Cポートとスピーカー、マイクを備える

カラバリは3色から選べます。ゲーミングフォンらしいデザインが施されていますが、さほど尖った印象ではなく、ブラックとシルバーは、パッと見ではフツーのスマホに見えるはず。違いをアピールしたい人はイエローを選ぶことをおおすすします。

▲カラバリは、ステルスブラック、ナイトシルバー、サイバーイエローの3色

 

■ ■ゲームに特化した機能が充実。120Wの急速充電も超便利!
筆者は、普段そんなにゲームはやりません。「ポケモンGO」や「ツムツム」など、流行っているゲームは試してみて、気晴らしにテニスゲーム、カーレーシングゲーム、パズルゲームなどを嗜む程度。これらのゲームではショルダーボタンが役立つことはなかったのですが、普段通りの操作で快適にプレイできました。画面が大きく、タッチレスポンスが良く、内蔵スピーカーの音がいいので、ゲームのライトユーザーにとっても、ゲームをプレイする楽しさがアップしそうです。

▲ゲームアプリは「ゲームターボ」から起動でき、個別の設定ができる

端末には「原神」というゲームがプリインストトールされていました。筆者は初めてプレイしたのですが、映像や音楽にも凝った、かなりデータサイズが大きいRPGで、このタイプのゲームを楽しむには、POCO F4 GTは非常に適しているようです。

ショルダーボタンには、任意の操作ボタンを割り当ていることができるのですが、それによって画面をタッチする操作を減らせて、画面が指で隠れにくくなります。慣れると、専用のコントローラーを操るように、複数のボタンを効率よく打てるようになれそうです。深く使い込んだわけではありませんが、ショルダーボタンのカチッとした押し心地は、ゲームが好きな人にすすめたくなりました。

▲ゲームアプリの起動中に、ゲーム専用のメニューを表示できる

関連記事(外部サイト)