軽くて強くてスタミナばっちり!dynabook Gシリーズ新モデルで日々の作業をスムーズに!

ここ数年で大きく変化した私たちのライフスタイル。移動中でも在宅リモートワークでも環境に左右されることなく、パフォーマンスにこだわった仕事をしたい。そんなユーザーを力強くサポートするのが dynabookのプレミアムモバイルノート「dynabook G」シリーズです。

豊富なラインナップが顔をそろえるdynabookのなかでも、特に機動性とパフォーマンスの両立を目指した同シリーズに、この夏、新モデル「dynabook G8」(実勢価格:24万1800円前後~)、「dynabook G6」(実勢価格:20万8800円前後~)が仲間入り。卓越した性能と携帯性のよさで、あなたのビジネスを応援します。

▲「dynabook G8」

13.3型ディスプレイを備えながら875g~という軽さを実現、さらにMIL規格準拠の過酷な耐久テストをクリアする堅牢性を備えたdynabookのプレミアムモバイルノート「dynabook G」シリーズ。

▲「dynabook G8」

2022年春発売の「G9」シリーズに続いてこの7月15日に登場した「G8」「G6」は、先行モデルの優れたパフォーマンスはそのままに、ストレージやメモリーなど一部スペックを変更した“弟分”モデルです。

▲「dynabook G8」

CPUには「G9」同様、卓越したパフォーマンスと省電力性を両立させた第12世代 インテル Core プロセッサー Pシリーズを採用。CPUは「G8」では「G9」と同じ“Core i7-1260Pプロセッサー”、「G6」では“Core i5-1240Pプロセッサー”を搭載しています。

▲「dynabook G8」

また、ともすれば相反するものとして位置付けられてしまう「放熱・冷却による安定動作」と「筐体のコンパクト化」を両立させているのが、dynabookが独自に開発した“エンパワーテクノロジー”。

▲「dynabook G8」

同社が長年にわたり蓄積してきた知見に基づく筐体設計で、コンパクトなボディながら動作の安定性を確保。負荷の高い高画質動画の編集や複数のアプリを併用しての作業も、じつにスムーズに行えます。

▲「dynabook G8」

ストレージには高速PCIe対応のSSDを採用し、搭載容量は「G8」が512GB、「G6」が256GB。

▲「dynabook G6」

メモリーには先進の高性能メモリ“LPDDR5-4800”を採用。搭載容量は「G8」で16GB、「G6」で8GBとなっています(ちなみに先行発売の「G9」では、ストレージ容量512GB、メモリーは32GB)。用途や予算に合わせて選べるバリエーションが増えたのは大いに歓迎したいところです。

▲「dynabook G6」

もちろんフル充電の状態から最大約24時間という長時間バッテリー駆動を可能にする、dynabook自慢のスタミナ仕様も健在。いざという時はわずか30分間の充電でバッテリー駆動時間の40%まで充電できる「お急ぎ30分チャージ」機能も頼もしい存在です。

>> dynabook「dynabook G」シリーズ

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆Xboxコントローラー、ヘッドセットが同梱!LAVIEのゲーミングPCで本格PCゲーム始めてみない?
◆薄くて軽くて持ち歩きも苦にならない14型ノートPCが6万円台!
◆より薄く、賢く、大画面に進化。レノボの新ゲーミングノートPCはまるで隙ナシ!

関連記事(外部サイト)