14.5型+12.7型の2画面ノートPCだから作業領域めっちゃ広いぞ!

豊富なラインナップがずらりと並ぶASUSのノートPC。中でも “Zenbook”シリーズといえば、機動性とパフォーマンスを重視したハイスペックなモバイルPCとして評判… なんですが、そんな人気シリーズにあって際立って異彩を放っているのが、1台のノートに2つの画面を搭載したモバイルPC「Zenbook Pro Duo」。

この夏最新モデルとして「Zenbook Pro 14 Duo OLED UX8402」(32万9800円/39万9800円)がリリースされ、改めて話題になっています。「『1台に2つの画面』って、ちょっと言ってる意味わかんない」とつぶやくあなたに、その尖った魅力をあらためて紹介します。

「作業効率の良さを考えたら、デスクトップはできるだけ広いほうがいい」ということで、最近はノートPCに外付けディスプレイを追加したマルチディスプレイ環境を構築しているユーザーも増えていますよね。

外出先でも広いデスクトップを確保したければモバイルディスプレイを持ち歩く手もあるけれど、作業スペースが限られていたらそのディスプレイすら広げられない。「それならいっそ、ノートPCにもう1画面のせちゃえば?」とばかりに、なんとキーボード側にもう1枚サブディスプレイを搭載しているのが、今回紹介する「Zenbook Pro 14 Duo OLED UX8402」です。

まず外観からざっくり説明を。一般的なノートPCであれば本体の上半分をキーボードが占め、下半分にタッチパッドが配置されているところ、この「Duo」では本体上半分にサブディスプレイ、下半分にキーボードとタッチパッドが配置されているといった按配です。

メインディスプレイとしてアスペクト比16:10の14.5型 有機ELディスプレイを搭載し、さらにサブディスプレイとしてキーボード上部に12.7型 TFT液晶ディスプレイを搭載。いずれもタッチパネル対応で、同じくいずれもリフレッシュレート120Hzに対応。解像度はメイン14.5型が2.8K(2800×1800)で、サブ12.7型が2800×864です。

2つの画面は広大な1つの画面として使うこともできるし、異なるアプリをそれぞれ表示させて並行で作業を進めることも可能。特にメインの有機ELディスプレイはDCI-P3 100%の広色域に対応、高い性能を保証する DisplayHDR 500 True Black、PANTONEの各認証も取得するなど、クリエイティブな作業にも対応できる優れた性能を備えます。

ラインナップは2モデルで、CPUにインテル Core i9-12900H プロセッサーを採用、さらにNVIDIAGeForce RTX 3050 Ti Laptop GPUを搭載した上位モデル「UX8402ZE-M3034W」(39万9800円)と、CPUにインテル Core i7-12700H プロセッサーを採用、CPU内部にインテル Iris Xe グラフィックスを搭載した下位モデル「UX8402ZA-M3033W」(32万9800円)により構成。

またCPUのみならず、メインメモリも「UX8402ZE-M3034W」では32GB、「UX8402ZA-M3033W」でも16GBを搭載するなど、随所にパワフルなスペックを備えます。

用途としてはやはりクリエイティブな作業を想定しており、例えばメインディスプレイで制作工程をモニターしつつ、サブディスプレイにはカラーパレットや操作タブを表示させる、といった使い方がメインになりそう。仕様といいスペックといい(そして価格といい)、万人向けとはとても言いかねる尖りまくったノートPCだけど、こんなスペシャルなプロダクトだってあって良い。唯一無二の個性が楽しいノートPC、機会があれば一度触ってみたいかも!

>> ASUS「Zenbook Pro 14 Duo OLED UX8402」

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆16インチで1.6kg!仕事もエンタメもバッチリな大画面ノートPC
◆Xboxコントローラー、ヘッドセットが同梱!LAVIEのゲーミングPCで本格PCゲーム始めてみない?
◆薄くて軽くて持ち歩きも苦にならない14型ノートPCが6万円台!

関連記事(外部サイト)