iPhoneを充電しながらでも有線イヤホンが使えるケーブルありますよ

ワイヤレスイヤホンがポピュラーになった今でも、ペアリングの手間や安定性から有線イヤホンにこだわり使用している、あるいはシーンに応じて使い分けているというユーザーも多いのではないでしょうか。iPhoneにおいては有線イヤホンを接続する際、Lightningポートを3.5mmミニジャックに変換するアダプターを使用しますが、そうなると今度は充電のためにケーブルが挿せなくなるという悩みが。

今回紹介するオウルテックの3.5mmミニジャックLightning変換ケーブル「OWL-CBLTF35LT02-WH」(7680円)なら、イヤホンジャックの横に充電用のLightningポートも搭載。有線イヤホン使用中に充電できない問題をシンプルに解決してくれます。

製品の作りはいたってシンプル。iPhone/iPadに挿し込むLightning端子と、反対側にはマイクにも対応した3.5mmミニジャックが、そしてそのサイドにはLightningの充電ケーブルを挿せるポートが設けられています。

3.5mmミニジャックと充電用のLightningポートが二股構造ではないというのもポイントで、充電が不要なシーンでも快適に使用できます。

充電ポートは2.4A出力対応。充電ケーブルによりバッテリー切れを気にすることなく、有線イヤホンで動画や音楽を気兼ねなく楽しめます。

ケーブル内部は引っ張りに強いアラミド繊維を採用し、しなやかさと耐久性を両立。3万回もの屈曲に耐える強度で断線の心配も少なくなっています。

Appleによる性能基準であるMFI認証も取得したお墨付きの品質。さらに2年間の新品交換保証付きで安心して使用できます。こうしたひと工夫されたアイテムが毎日の快適さを左右するもの。有線イヤホン派の人はぜひチェックを。

>> オウルテック「OWL-CBLTF35LT02-WH」

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆ACアダプター兼モバイルバッテリーなのにこんなにスリム!
◆約3×3×3cmで最大出力30W!急速ACアダプターもこんなに小さくなりました
◆アダプターとイヤホンのセットでNintendo Switchを完全ワイヤレス化!

関連記事(外部サイト)