ミルスペックの約6倍!? 保護力抜群なケースでiPhone 14をガッチリ守れ!

ついに発売になったiPhone 14シリーズ。せっかく入手した新機種も、落としてガラスが割れたりヒビが入ると一気にテンションが下がります。できれば早めにケースを入手したいところ。

そこで注目なのがCASETiFY(ケースティファイ)から発売の新型iPhone 14シリーズ対応「バウンスケース」(1万1000円〜)。なんと、アメリカ国防総省のミルスペックの基準の約6倍にあたるという世界最高水準の保護性能を持つiPhone 14シリーズ用ケースです(iPhone 14、iPhone 14 Plus、iPhone 14 Pro、iPhone 14 Pro Maxに対応)。

CASETiFYの独自研究によると、スマートフォンを落下させるとおよそ70%の確率で本体の四隅の角から地面に落ちるということが判明。そのため、衝撃が一点集中しやすく、スクリーンに致命的なダメージをもたらすことにもつながります。

こうした問題を解決するため、本製品では四隅の角を守るべくコーナーバンパーを設置。吊り橋の構造から着想を得た“圧縮リブ”と“エアポケット”が、落下時にクッションの役割を果たし、衝撃を吸収・分散してくれます。

その上、ケースには特許申請中の耐衝撃新素材“EcoShock”を採用。分子レベルで衝撃の運動エネルギーを熱に変えるという植物由来の素材で、ケース全体にエネルギーを分散できるようになっており、落下時の衝撃を95%吸収できます。

この工夫により「バウンスケース」は、最大6.5mの高さからコンクリートやスチール製の床に向けた落下試験を156回連続でクリア。これはアメリカ国防総省のMIL規格の6倍の耐久力に相当します。

なお、同時に発売される「インパクトケース」(7480円〜)は最大2.5mの高さからの落下試験を109回連続でクリア(MIL規格の4倍)、「ウルトラインパクト ケース」(8910円〜)は最大3.5mの高さから134回連続でクリア(MIL規格の5倍)しており、それぞれ前モデル比で保護機能は最大20%向上しています。

また、環境に優しいのも本製品のポイント。ケースの原材料の65%に、使われなくなったスマホケースを回収・粉砕したリサイクル素材を使用した“Re/CASETiFY”という取り組みを行っています。これまでにすでに16万個以上のスマホケースをリサイクルしており、その量はオリンピックサイズのプール500個分に相当。SDGsの理念にも沿った製品です。

さらに、機能面と持続可能性だけではなく、デザイン性が高いところも特徴。シンプルなデザインのままだけでなく、2000種類以上のプリントデザインや、名前や好きなフレーズを入れられるカスタマイズオプションを用意しているため、オリジナリティをもたせることも可能です。

ケースカラーには、ブラック、トリプルブラック(もしくはマットブラック)のほか、ペリ パープル、キウイ グリーン、バブルガム ピンクなどトレンドカラーも用意しています。ミルスペックを遥かに凌駕する最強の保護力を持つ専用ケースで、新型iPhoneの落下時の不安を一気に払拭しませんか?

>> CASETiFY

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆ミルスペック&音を増幅!機能バッチリなケースでiPhone 14をしっかり保護!
◆ミルスペックから高級革まで!新しいiPhone 14のケースはどれを選ぶ?
◆いつものApple Watchがちょっと物足りないなら、こんな豪華なケースもありますよ

関連記事(外部サイト)