おふろでスマホ、しっかり防水ケースなら安心して長湯できるね

スマホは肌身離さずがスタンダードになった昨今。それなりの時間を過ごすことになるお風呂タイムでも、手の届く範囲に置いておきたくなりますよね。

とはいえ、スマホは精密機器。防水対策をしっかり整えてお風呂場に持ち込んだところで、画面は見づらく、各種操作もかなりしづらくなるなど、さすがに普段とは違う使い勝手になってしまいます。

そんな時に便利なのが、リズムが9月下旬に発売予定の「MAGCASE S(マグケース エス)」(2980円)。お風呂場やキッチンなどの水回りにスマホを設置できるスマホ専用の防水ケースで、IPX7相当の高い防水性能に加えてケース越しでのタッチ操作に対応。入浴中の動画やネット閲覧も快適になりそうですよ。

ケースサイズは高さ143mm×幅223mm×奥行32mmで、重さは約310g。ケース内に収められるスマホのサイズは、android、iPhoneとも170mm×90mm×厚さ7~11mm。スマホの出し入れが行いやすいハードケースタイプで、操作シート(透明面)はスマホの画面に密着させる際に気泡が入りにくく、外の光が反射しにくい特性を備えています。

ケース本体の背面側にスタンドが備わり、4段階の角度調整が可能。またマグネットが付いていて、磁石がくっつく壁面や冷蔵庫などに貼り付けて設置も可(マグネットの耐荷重はケースを含めて約610gまで)。

水深1mの真水に30分間浸しても有害な影響を受けないIPX7相当の防水性があり、操作シート越しにスマホ画面でのタッチ操作ができるので、「お風呂場に持ち込んでスマホを使う」のも余裕で対応。キッチンでも水しぶきはもちろんのこと濡れた手で持ったり操作をしても心配は不要です。

ケースが濡れた際は柔らかい布でそのまま拭き取り、また汚れが付いた場合は薄めた洗剤を付けた柔らかい布で汚れを拭き取った後に空拭きするだけと、お手入れも簡単です。

水回りでも気にせずにスマホが使える上、誤って水の中に落としてしまってもガードできるなど、安心の仕様が非常に心強い防水ケース。ぬるめのお湯にゆっくりじっくりと浸かりながらスマホからの動画や音楽を楽しみたいという人はぜひチェックを。

>> リズム

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆風呂上がりにキンキンの水をキュッ!市販のペットボトルが使えるお手軽ウォーターサーバー
◆実はリバーシブル!風呂上がりにバスマットが常にサラサラだと気分が良いよね!
◆シルクを使ったお風呂アイテムで毎日のバスタイムをグレードアップ!

関連記事(外部サイト)