「iPhone 14」にはない機能が付いた「iPhone 14 Pro/14 Pro Max」は買いか?

早い人なら既にiPhone 14シリーズを入手している頃でしょうが、今年は円安の影響もあって、慎重に見定めている人も多いことでしょう。ここでは、iPhone 14シリーズのうち、ハードウエア面の改良が多かった「iPhone 14 Pro/14 Pro Max」に焦点を合わせ、使用感をレビューしたいと思います。

iPhone 14とiPhone 14 Pro Max ▲iPhone 14(左)とiPhone 14 Pro Max(右)。ディスプレイ上部のノッチ有無に差がある

iPhone 14とiPhone 14 Pro Max ▲それぞれ背面には、デュアルカメラとトリプルカメラシステムを搭載。Proシリーズのみ望遠カメラが使える

iPhone 14とiPhone 14 Pro Max ▲それぞれのフレームは、アルミニウムとステンレススチールで異なる。背面の仕上げも光沢感のあるガラスとマット仕上げのガラスとで異なる。この辺りの仕様の違いは従来モデルでもすでにお馴染みだ

 

■ ■「常時表示」は慣れたら癖になる
iPhone 14 Pro/14 Pro Maxで注目したいのは、ディスプレイとカメラの進化です。ディスプレイは、常時表示に対応したほか、横長のパンチホール型TrueDepthカメラを採用。これに連動するDynamic IslandなるUIも追加されています。

iPhone 14 Pro Max ▲「iPhone 14 Pro Max」は6.7インチ(対角)のオールスクリーンOLEDディスプレイ(Super Retina XDRディスプレイ)を搭載。解像度は2796 x 1290ピクセル解像度で、画素蜜度は460ppi。最大120Hzのアダプティブリフレッシュレートを持つProMotionテクノロジーをサポートする。TureDepthカメラシステムはパンチホール型に変わった

まず常時表示に対応したディスプレイでは、ロック画面のままで時刻表示やウィジェットなどの情報を確認できます。Apple製品では、2019年発売の「Apple Watch Series 5」からApple Watchの一部機種が常時表示に対応していたので、ウォッチから逆輸入した技術ということになるのでしょうか。

市場全体を見渡すと、Always on Display(AOD)という概念自体は随分と昔からあったものですので、驚きはさほどありません。筆者が触れてきたAndroidのなかだと2014年発売のNexus 6がすでに「アンビエント表示」に対応していたのが印象に残っていますし、ノキア端末など有機ELディスプレイの源流を辿ればさらに数年遡ることになるでしょう。最近では、新機能として取り上げられることも少ないくらい当たり前に存在する機能です。

iPhone 14 Pro Maxの常時表示 ▲設定で「常にオン」を有効にしてあるiPhone 14 Pro Maxのスリープ画面

とはいえ、そんな機能についにiPhoneも対応したかと思うと感慨深いところ。実際にiPhone 14 Proシリーズの常時表示を確認してみると、一部の文字や通知だけが表示されるのではなく、背景がうっすらと起動しており、そこに時刻やウィジェット、通知などが見やすく表示されているのが分かります。

デスクのスタンドに立てかければ、置き時計の代わりにはなりますし、設定したタイマーの残り時間もロック画面のまま確認できます。常時表示中の画面輝度も十分あるので、室内なら文字の視認性はバッチリ。無くて困る機能ではありませんが、常時表示に慣れたら常時表示なしのiPhoneには戻れなさそうだなぁ、とは感じます。

常時表示中のタイマー ▲例えば、タイマーをセットするとロック画面にはこう表示された

常時表示といえば電池消費が気になるところですが、iPhone 14 Proシリーズのディスプレイでは、リフレッシュレートを最小1Hz(=1秒間に1回切り替え)まで下げることで、バッテリー消費を押さえる仕組みになっています。ただし、それでも常時表示によってバッテリー消費は多少増えてしまうもの。バッテリー残量が気になる場面では、「低電力モード」をオンにすることで、常時表示も無効になるので、これを利用すると良いでしょう。また、普段から常時表示が不要という場合には、「設定」アプリの「画面表示と明るさ」から「常にオン」のスイッチをオフにしておけば、同機能を無効にできます。

「常にオン」の設定画面 ▲「停電力モード」や「常にオン」のスイッチで無効化も可能だ

ちなみに、これまでのロック画面に親しんでいた身としては、画面を起動したり、使用後に画面を暗くしたりしようとして、ついついサイドボタンを押してしまうこともありました。しかし、数日使えば慣れたので、違和感があるのは最初だけでしょう。

 
■ ■Dynamic Islandは新しい体験
パンチホール型になったTrueDepthカメラシステム(以降、「インカメラ」と呼びます)は、従来のノッチと比べて、なんだか自己主張が強めです。ディスプレイを隠している面積は狭くなったのですが、カメラの位置でいうと中央に僅かに寄ってきたのが原因でしょうか。Dynamic IslandによってUIと連動させることで違和感は少なくなっていますが、これまで以上にインカメラ部分に視線が行くようになったので、通常使用時についつい意識してしまいます。

iPhone 14 Pro Maxのインカメラ ▲ノッチ型が良いか、パンチホール型が良いかは、好みによるかもしれない

とはいえ、インカメラが普段邪魔になるか、というと別にそんなこともありません。シネスコ比率で映画を視聴するならともかく、YouTubeやAmazon Primeビデオなどでストリーミング再生を楽しむ分には、横持ちでもほぼ影響はありませんでした。全画面表示に切り替えると、まぁ「インカメラがそこにある」という認識は否めないですが、従来のノッチと比べて悪目立ちするといった感じもありません。むしろ、Appleの紹介通り、表示領域は増えているので、従来より隠れているところが減ったことの恩恵の方が大きいと思います。

iPhone 14 Pro Maxでの視聴画面 ▲今までのノッチに慣れているiPhoneユーザーならば、動画視聴中にインカメラが邪魔に感…

関連記事(外部サイト)