ミッドレンジなのにハイエンド級な部分も!「AQUOS sense7」は高コスパな予感

9月26日、シャープが「AQUOS sense」シリーズの最新モデル「AQUOS sense7」を発表しました。11月上旬以降にNTTドコモとau、UQモバイルが発売します。さらに、AQUOS sense7をベースに動画を快適に視聴するための機能を強化した「AQUOS sense7 plus」も発表。こちらは、秋以降にソフトバンクが独占販売します。両モデルにいち早く触れたインプレッションをお届けします。

 
■ ■AQUOS sense7はハイエンド級のカメラを搭載
AQUOS senseシリーズは、シャープいわく「多くの人に愛される国民機」を目指しているミッドレンジのスマホ。シャープは5年連続でAndroidスマホの国内シェア1位を維持していますが、その人気を牽引しているのがAQUOS senseシリーズです。

AQUOS sense7は、約6.1インチの有機ELディスプレイを搭載し、ボディ幅を約70mmに抑え、片手でも操作しやすいことが利点。ディスプレイは「IGZO OLED」という名称で、表示する内容に合わせて駆動速度を自動で変動し、無駄な電力消費を抑えられることが特徴。リフレッシュレートは最大60Hzと一般的ですが、10億色表示に対応し、輝度は最大1300ニトと、ミッドレンジとしては高いスペックを備えています。

▲AQUOS sense7のカラバリはライトカッパー、ブルー、ブラックの3色。ほかに、ドコモオンラインショップ限定カラーとして、ラベンダーが発売される

▲サイズは約152×70×8.0mmで、重さは約158g。片手でも無理なく操作できそうだ

プロセッサーはSnapdragon 695 5G(最大2.2GHz)で、RAMは6GB、ROM(ストレージ)は128GB。4570mAhの大容量バッテリーを内蔵しているので、「IGZO OLED」による省電力効果も加えて、電池持ちには期待していいでしょう。

前モデルのAQUOS sense6から大きな進化を果たしたのがカメラ。前モデルでは広角+標準+望遠のトリプルカメラを搭載していましたが、AQUOS sense7は広角+標準のデュアルカメラ。と聞くと、スペックを落としたように思われるかもしれませんが、最もよく使う標準カメラをハイエンドモデル並みの性能に向上させています。

▲左がAQUOS sense6、右がAQUOS sense7

▲高性能な標準カメラを背面パネルのセンターに配置

標準カメラには1/1.55型のイメージセンサーを採用し、有効画素数は約5030万画素。さらに、フラッグシップの「AQUOS R7」の高画質化技術を応用した画質エンジン「ProPix4」を搭載。暗い場所での撮影性能が向上し、夜景撮影時の白飛びや黒つぶれも解消。また、AFが全ての画素を使う像面位相差AFになったため、AF速度も前モデルから約2倍速くなっています。

▲センサーサイズは前モデルから66%も大きくなった

▲AF速度は約2倍に進化

メディア向けに開催された体験会でいち早く触れてきましたが、AFが速いので、連続撮影がしやすく、室内でも鮮やかな色で撮影できました。夜景モードも撮影に要する時間が短めで、ハイエンドモデル並みのシャープな画質での撮影を楽しめそうです。

▲AFが速く、AIの被写体認識もスピーディ

▲撮影した画像を拡大してみた。細部まで鮮明に写る

前モデルではディスプレイ内(それ以前のモデルはディスプレイの下)にあった指紋センサーは本体右側面に移動。他メーカーでは電源ボタンに指紋センサーが搭載されることが多いのですが、AQUOS sense7は独立した指紋センサーを搭載。筆者は前モデルのAQUOS sense6を持っていますが、AQUOS sense7の指紋センサーのほうが使いやすく感じました。

▲右側面に音量ボタン、電源ボタン、指紋センサーを搭載

▲上部にnano SIM/microSDスロットを搭載

▲底部にイヤホンジャック、USB Type-Cポート、スピーカーを搭載

インカメラによる顔認証にも対応しています。しかも、マスクを着けていても認識してくれる機能が追加されました。マスク着用時は、マスクで隠れない部分で本人を認識しますが、他人を認識してしまう確率は0.002%未満、つまり10万に2人未満ということ。自分がマスクを着用した顔写真を向けてもロックが解除されず、性能はかなり高いように思えました。

▲顔を登録する際に、マスク着用時でも認証するか否かを設定できる

おサイフケータイや防水・防塵に対応。eSIMにも対応しています。シャープによると、オープンマーケット向けのSIMフリーモデルの発売も検討しているそうです。

▲eSIMにも対応

▲AQUOSならではの便利機能も引き続き搭載

 
■ ■AQUOS sense7 plusは動画の視聴体験を向上
AQUOS sense7 plusは、AQUOS sense7よりもひと回り大きい約6.4インチのIGZO OLEDディスプレイを搭載。プロセッサー、RAM、ROM、カメラのスペックはAQUOS sense7と共通。バッテリー容量は、AQUOS sense7よりも多い5050mAhですが、電池持ちはほぼ同等と考えていいでしょう。

▲AQUOS sense7 plusのカラバ…

関連記事(外部サイト)