ワコムの液タブ最高峰モデル登場!驚愕の50万円オーバーもプロ納得の最先端スペック

エントリー向けからプロ向けまで豊富なペン型入力デバイスを揃えるワコム。

中でも最上位ラインとして位置付けられるハイエンドモデル“Wacom Cintiq Pro”シリーズに、この秋大型液晶ディスプレイを備えた新モデル「Wacom Cintiq Pro 27」 (48万1800円)が登場します。

液晶ディスプレイと高性能タッチペンによって構成される液晶ペンタブレット。その最大の魅力は、ディスプレイ画面に直接ペンで描き込むような直感的な操作が実現できる点にありますが、この「Wacom Cintiq Pro 27」は、特にプロのデジタルクリエイターを想定、2Dイラストレーターや3Dモデラー、アニメーター、ゲームデザイナーなどさまざまなジャンルのプロフェッショナルに、繊細な描き味と快適な作業環境を提供するもの。

繊細で緻密な描き込みを望む人から、個性豊かな表現をひたすら追求する人、クオリティを下げることなく効率アップを図りたい人まであらゆる要求に応える高い性能を備えています。

まずは液晶ディスプレイから。26.9型の広々とした作業領域は画面解像度4K(3840×2160)、リフレッシュレート120Hz、ペン先の動きにスムーズに追随する高精細な画面表示はじつに快適。

映像業界の基準であるDCI-P3を98%、印刷業界の基準であるAdobe RGBを99%カバーするなど、業界基準となる広い色域をきっちりカバーするほか、PantoneおよびPantone SkinToneの認証取得済み、HDRガンマ対応などあらゆるプロのニーズに応える高性能を備えます。

本体側面にはショートカット操作に使用するグリップ型の“ExpressKey”を搭載、使いたい時に必要なキーに即アクセスできるから作業効率も大きく向上。

また上部と左右の合計4ヶ所に1/4インチネジ穴を備えますが、これは「大きなペンタブをデスク上で使うと、キーボードや資料の置き場がなくて…」というリクエストに応えるもの。ネジ穴を使って好きな位置にオプションの拡張テーブルなどを取り付ければ、この問題もすっきり解決できます。

タッチペンは最新テクノロジーを搭載する「Wacom Pro Pen 3」を付属。ユーザーの作業内容に合わせてペン先を取り替えられるほか、付属のパーツを入れ替えることでペンの重心やサイドスイッチの有無、グリップの太さを変えて自分好みの描き味や使い勝手のよさにあわせてカスタマイズできるようになっています。またペン先が長くなったことで手元の視認性が向上、よりリアルで自然な描き心地が実現できるのもうれしいポイント。

なお使用にあたっては別売の専用スタンド「Wacom Cintiq Pro 27 Stand」(7万2380円)、もしくはサードパーティ製モニターアームが必要。専用スタンドはユーザーの体格や使用環境、作業内容に合わせて高さや角度をすばやく調整、時計回り、反時計回りそれぞれ20°までスムーズに回転できるので、紙に書いているのと同じように自然な姿勢で理想の線を描けます。

それにつけても、やっぱり多くの人はその価格に驚いたのではないでしょうか。スタンド込みので55万円超、セット価格を適用しても52万円超と聞けばおいそれと手が出るものではありませんが、仕事道具として長く快適に使えることを考えれば、プロにとってはむしろバリューなお買い物なのかも。発売は10月12日です。

>> Wacom「Wacom Cintiq Pro 27」

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆カラー電子ペーパーにワコムのスタイラスにAndroid 11搭載っていろいろ楽しめそう!
◆Type-C充電とウィンドウズ10対応になったワコムのスタイラスペン
◆滑らかな書き心地を追求し続けるワコムの新スタイラスペン

関連記事(外部サイト)