冬釣りやスキーなどウインタースポーツで活躍!IP68の“完全防水”ポーチでスマホをしっかり守ろう!

海や雪のアクティビティを思いっきり楽しみたい場合でも、やっぱりスマホは携行したいですよね。とはいえ、ずっとスマホを手に持ってるわけにはいかないので、ポーチやポケットにIN。にもかかわらず、水が染み込んできたり、スキー中に落として探すのが大変だったなんてことはないでしょうか。

スマホや貴重品を気にすることなく、アクティビティにチャレンジしたいという人は、クラウドファンディングサイト・FIRE STEPで先行販売中の、防水防塵等級IP68完全防水スマホポーチ「ugo(ユーゴ)PHONE2.0」(1万4800円〜 12月8日現在)で、より快適にアクティビティを楽しんでみてはいかがでしょう。ポーチにスマホを入れたままでも操作ができて、貴重品も収納可能な完全防水ポーチです。

「ugo PHONE2.0」なら水や雪はもちろん、紫外線や熱、落とした時の衝撃からも大事なスマホをバッチリガード。

一般的なスマホ用のポーチやケースなどは、スマホ1台収納タイプがほとんどですが、2台分が収納できる大容量のスペースを確保。クルマや家の鍵、財布などの貴重品もしっかり収納でき、キャンプや釣りなど持ち場を離れる時も貴重品を持ち歩けるので、盗難の心配から解放されます。

スマホや貴重品が濡れないことはもちろん、生地に使われているTPUは耐候性や耐衝撃性に優れ、UVカット処理を施した素材を使用。耐熱温度は-29℃~49℃と広範囲で、寒い冬山でのスキーや登山、熱いお風呂の中でもしっかりとスマホをしっかりガードします。

適度に弾力性がある素材なので摩耗や衝撃に強く、万が一、硬い地面に落としてもスマホが壊れてしまうリスクを軽減。また、UVカット処理も施されているので、紫外線で劣化するスマホの有機LEDをしっかりと防御してくれます。

釣りやキャンプなどで手が汚れている時など、スマホをあまりを触りたくない状況でも、タッチパネルの操作ができる窓からタップやスクロールが可能。ケースに入れたままでも写真が撮影ができるので、決定的な瞬間を逃さず撮影ができます。

水の上や水中でスマホを使用する場合、プールなどの比較的探しやすい場所ならともかく、海や川などでは落とした場所すら特定することが困難ですが、「ugo PHONE2.0」は水に浮くので発見&回収がとってもカンタン。ファスナーは潜水服にも使用されるドイツTitex(タイテックス)社で生産した、特殊な防水ファスナー「UZIP防止ファスナー」を採用しているので、ポーチの中に水が侵入することを許しません。

雪山のスキーやスノボ、海のシュノーケリングやサーフィン(水深6mまで対応)、海釣りやキャンプ、スポーツなどアウトドア全般に対応し、スマホや貴重品をしっかりガードしてくれる完全防水ポーチ「ugo PHONE2.0」。ハイパロンゴムのベルトループにショルダーストラップを取り付けて担げるので、スマホを携帯しながら安心してアウトドアを楽しむことができますよ。

>> FIRE STEP

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆いま使っているお気に入りのケースをスマホショルダー化!スマホとケースの間に挟むだけでOKです
◆スマホ落とす人にはCatalystのミルスペックなiPhoneケースがいいかも。3mの耐衝撃性能だって
◆おふろでスマホ、しっかり防水ケースなら安心して長湯できるね

関連記事(外部サイト)