超小型WindowsPCに約6万円のオールブラックモデルが登場!

超小型WindowsPCに約6万円のオールブラックモデルが登場!

超小型WindowsPCに約6万円のオールブラックモデルが登場!の画像

PCでやることといえば、メールとWordやExcelで資料作り…、あとはなんだっけ…。でもないと困るは困るんだよね。

そんなライトユーザーには、コンパクトで持ち歩きやすいPCが最適。中でも「GPD Pocket 2」は、片手で持てる超小型なのに中身はしっかりWindows 10搭載。しかもしっかり打てるキーボードまでついています。

そんな「GPD Pocket 2」にCPUをグレードダウンしたモデルが登場。「グレードダウンってことは性能が下がったの?」と思いきや、メールや軽い作業とかしかしないのであれば文句なしのスペックですよ!

エム・シー・エム・ジャパンより、昨年9月に発売されたウルトラモバイルPC「GPD Pocket 2」のシリーズ製品「GPD Pocket 2 Amber Black」(6万4584円)が発売されました。「GPD Pocket 2」はCPUにIntel Core m3-7Y30を採用しており、価格は7万7100円でした。これに対し、新たに発売された「GPD Pocket 2 Amber Black」はCPUをIntel Celeronにグレードダウンすることで大幅なコストダウンを実現しています。

基本的な性能は従来品を踏襲しています。ディスプレイは7インチで、解像度は1920×1200。静電容量方式のタッチパネルを内蔵し、スマホのように操作することも可能です。

超小型設計ながら拡張性は十分でインターフェイスポートはUSB Type-Cをひとつ、USB Type-Aをふたつ、MicroSDカード(SDXC)をひとつ、イヤホンジャックをひとつ搭載しています。USB Type-Aポートをふたつ備えているのが重宝しそうですね。充電対応のUSBハブを繋げば、スマホの充電もできます。

サイズは181×113×14mmで重さは515gの超小型軽量筐体ながら、最新OSのWindows 10を搭載しており、仕事上の事務作業(wordやExcelの編集やメール)も問題なく行えます。メモリはたっぷり8GBで動画鑑賞もスムーズ。

今回搭載されたCPUIntel Celeronは省電力も特徴のひとつ。従来品の連続使用時間がフル充電で約6〜8時間だったのに対し、約8〜10時間の連続使用が可能。ワイヤレスで長時間持ち運んで使うのにピッタリの1台です。

>> エム・シー・エム・ジャパン「GPD Pocket 2 Amber Black」

 

[関連記事]
7インチで465g。外でちょっと仕事するならコレくらいのサイズがイイ!

これ使えるかも!7インチ&Windows10搭載のリアルモバイルPC登場

PCゲームをどこでも遊べるポータブルWindows機がさらに進化!

(文/&GP編集部)