LINEのトークを効率化する3つの便利機能 ーiPhoneでLINEを使いこなす[04]

LINEのトークを効率化する3つの便利機能 ーiPhoneでLINEを使いこなす[04]

LINEのトークを効率化する3つの便利機能 ーiPhoneでLINEを使いこなす[04]の画像

日々何気なく使っているLINEですが、新しく追加された機能の使い方を知っているだけで、スマートに振る舞えることがあります。そこで、今回はiOS版のLINEについて、トーク画面で利用できる便利機能を3つ紹介。皆さんはいくつ使ったことがあるでしょうか?

 

■過去に共有した情報を見えやすく表示する「アナウンス」
iOS版のLINEでは、トーク画面でメッセージを長押しすると、吹き出し上にメニューが表示されます。この中にある「アナウンス」をタップすると、指定のメッセージの内容をトーク画面上部に再表示できます。

例えば、グループのトークで呑み会の会場を共有していた場合など、幹事の人が当日にそのメッセージをアナウンスしておけばLINEを開いた人が確認しやすくなります。端末の通知としては表示されず、該当のトークの中だけでメモ的に表示されるのが特徴です。なお、この機能は写真やGIF、スタンプなどには使用できません。

アナウンスの表示は、最小化したり、非表示に切り替えることも可能です。こうした操作は各アカウントの中だけで処理されます。例えばAさんが表示をオフにしても、Bさんの画面ではオフになりません。

 
■そういえば…の返信をしやすくする「リプライ」
流れるような勢いで進んでいくトーク上のコミュニケーション。グループトークならなおさらです。ついつい返事し損ねたメッセージを指定して、返信のメッセージを送れる機能「リプライ」が用意されています。

拾い損ねた話題に触れたいとき、相手を指定して相談したいときなどに便利です。複数の話題が同時に進行しているときにも、どれに対する返事なのか、相手に確実に伝えられるので、適当な返信による誤解を防止する役割もあるでしょう。

 
■写真として残したいなら「スクショ」が使える
以前からLINE Labsの機能としても提供されていた機能ではありますが、iOS版のLINEでは正式に「スクショ」機能が追加されました。

「あいつはこう言っているけど…」のように、友人間の連絡を取り継ぐ際にも利用できますし、上記のように「カラオケのクーポン届いてるけど行かない?」みたいな誘いのきっかけにも活用できるでしょう。

スマホのスクショ機能を使ってトリミングするよりも簡単なので、ぜひご活用あれ。

一方で、こうした機能はLINEのトークで話した内容が、第三者に対しても共有されうるという時代を象徴しています。アイコンを消されてSNS上に投稿されるなんて事態も、起こりうること。カジュアルに使えるLINEだからこそ、こうした機能を意識しておくのが重要かもしれませんよ。
*  *  *
ちょっとしたときに活躍するLINEトークの3つの機能??。まだ使ったことがないものがあれば、早速試してみてください。
本記事では、iOS12搭載のiPhone XSで、iOS版バージョン9.5.0の「LINE」アプリを使用して検証を行っています。OSやアプリのバージョンによって挙動が異なることがありますので、ご了承ください。
 

[関連記事]
予測変換の絵文字やスタンプはオフにできる ーiPhoneでLINEを使いこなす[03]

よく使うLINEスタンプを先頭に並びかえる方法 ーiPhoneでLINEを使いこなす[02]

LINEのトークでPDFを送る方法 ーiPhoneでLINEを使いこなす[01]

(取材・文/井上 晃)

いのうえあきら/ライター

スマートフォン関連の記事を中心に、スマートウォッチ、ウエアラブルデバイス、ロボットなど、多岐にわたる記事を雑誌やWebメディアへ寄稿。雑誌・ムックの編集にも携わる。モットーは「実際に触った・見た人だけが分かる情報を伝える」こと。