名刺整理って面倒!だったら専用スキャナで手早くデータ化しちゃおう!

名刺整理って面倒!だったら専用スキャナで手早くデータ化しちゃおう!

名刺整理って面倒!だったら専用スキャナで手早くデータ化しちゃおう!の画像

新年度を迎えるにあたって異動や転勤など、職場環境が大きく変わった人は多いはず。取引先などとの挨拶回りもそろそろ一段落する時期だけど、ところでいただいた名刺の管理ってどうしてる?

収納するだけならホルダーに入れればいいけれど、利便性を考えたらデータ化して常に連絡が取れるようにしておきたい。とはいえ何十枚もある名刺を1枚ずつ手入力するのは面倒… そんなあなたに勧めたいのが、文字情報をスキャナーで読み取りデータ化して管理する方法。

手持ちのスキャナー&OCRソフトを使う方法もあるけれど、速さを考えたら断然専用スキャナーの導入がオススメ。例えば1枚の名刺をたった3秒で読み取れる、サンワサプライの名刺スキャナー「PSC-13UB」(4万2984円)はいかがでしょう。

「PSC-13UB」は、本体に名刺を差し込むだけで記載内容を即座にデータ化できる、名刺専用スキャナーです。読み取りにかかる時間は1枚当たりわずか3秒。大量の名刺もスピーディに整理できるから、人と会う機会の多い営業マンや管理職の人にはかなり心強い存在になってくれるはず。

読み込んだデータは専用ソフト「WorldCard Scan」で管理しますが、Microsoft ExcelのデータファイルやCSVファイル、 JPEGファイルで書き出すことも可能。すでに使っている住所録データへの追加もできるし、ソフトをインストールしていないPCでもデータの確認ができます。さらにスマホ用アプリ「WorldCard Mobile」を使用すれば、 Googleアカウントと連携させることで、さまざまなデバイスでのデータ共有も可能に。

また名刺管理ソフトで意外な落とし穴になるOCRの精度ですが、「PSC-13UB」の専用ソフトは90〜95%という高水準の日本語認識率、さらに対応言語は日本語を含む24カ国語で、十二分に実用を満たします。

テキスト化と合わせて名刺そのものを画像データとして取り込むこともできるから、名刺を紛失してしまった時、あるいは処分してしまった後でも安心。カラー600dpiの解像度で、名刺に印刷された写真も美しく読み取ります。溜め込んでしまった名刺も一気に整理できるから、過去の名刺をまとめてデータ化したいという人にもうってつけ。

>> サンワサプライ「名刺スキャナー PSC-13UB」

 

[関連記事]
スマホ撮影より速くて簡単!名刺管理は小型スキャナで一気に解決

レトロが新しい!超ロングセラー「ボールPentel」に限定カラーが登場

おしりカチカチはもう古い!?ボディノック機能が便利です

(文/&GP編集部)