Type-C機器が増えてきたら持ち歩くACアダプタも対応させよう

Type-C機器が増えてきたら持ち歩くACアダプタも対応させよう

Type-C機器が増えてきたら持ち歩くACアダプタも対応させようの画像

いまやスマートフォンなどのモバイル端末のバッテリーは大容量化していますし、USB Type AポートとType Cポートなど規格もまちまち。「あれもこれもいっぺんに急速充電したい!」という人のために、RAVPowerよりACアダプタ「USB Type A&C 急速充電器 RP-PC108」(1699円)が誕生しました。

USB Type AポートとType Cポートの2つの充電口を搭載しているうえ、急速充電規格であるPower Delivery 3.0やQuick Charge 3.0に対応し、iPhoneもAndroidスマホもすべての端末に急速充電が可能なんです。

スマホの2台持ちや3台持ち、さらにモバイルWi-Fiなどのデバイスも持ち歩いているという人も少なくありませんから、それらの充電には時間をかけていられませんよね。そんな現代のユーザーのために作られたのがRAVPowerのACアダプタ「USB Type A&C 急速充電器 RP-PC108」です。

まず大きな特長が、USB Type AポートとType Cポートのふたつの充電口を搭載していること。これで、2台の端末を同時に充電できます。

さらに、Type Cポートは「Power Delivery 3.0」、USB Type Aポートは「Quick Charge 3.0」とどちらも最新の急速充電規格に対応しているので、Apple iPhone XSシリーズや、Galaxy、HUAWEIなどの最新のスマホをはじめ、あらゆるスマホに最大18Wの出力で急速充電できるんです。

また、接続された機器を自動的に検知して適切な電流を送る独自技術iSmart 2.0も搭載。これによって、Quick Charge対応機種はもちろんのこと、非対応の端末にも効率的な充電を実現します。

本体は、折り畳みプラグを採用し、約49×49×30mmと非常にコンパクトなので、持ち運びにも最適。入力電源も100Vから240Vに対応しているので日本だけでなく世界各国で使え、出張や旅行が多い人でもこれひとつあれば安心です。

カラーはホワイトとブラックの2色展開で、最大30カ月のメーカー保証もついて価格は1699円です。

>>RAVPower

 

[関連記事]
スマホの端子、Type-C?だったら対応急速充電器は持っておきたいよね

スマホもタブレットPCも!5ポート急速充電器が心強い

15000mAhもあればコンセントから充電しなくても大丈夫

(文/&GP編集部)