思っていたより安く買えるかも!? ドコモが最新スマホ10機種を発表!

思っていたより安く買えるかも!?  ドコモが最新スマホ10機種を発表!

思っていたより安く買えるかも!? ドコモが最新スマホ10機種を発表!の画像

NTTドコモが2019年の夏モデルを発表しました。

ドコモは6月1日から新しい料金プランの提供を開始します。従来の「月々サポート」がなくなり、端末代と利用料金を完全に切り離す分離プランが始まります。わかりやすく言えば、端末代は割高になり、利用料金は安くなります。ですが、新しい料金プランは、家族一緒に加入したり、「ドコモ光」を契約するなど、条件によってお得度が差が出るプランです。

これまで提供していた、対象機種を購入した場合に毎月1500円が割引される「docomo with」というプランは終了しますが、新しいスマホに買い替えても、新プランを選ばずに「docomo with」を続けることもできます。使い方によっては、新料金プランよりも安くなる可能性もあるので、事前にシミュレーションしてみることをおすすめします。

前置きが長くなりましたが、新料金プランのスタートを機に発売されるスマホは10機種。高価格帯のハイエンドモデルが6機種、お手頃価格のスタンダードモデルが4機種です。

ハイエンドモデルは一括購入価格8万円以上ですが、実質的に1/3程度が割引される「スマホおかえしプログラム」という新サービスを利用できます。これは、36回の分割払いで購入し、2年使った場合に、端末を返却することを条件に、残りの12回分の支払いが免除されるというサービスです。もちろん、きっちり2年使わずに1年で機種変更しても12回分は免除されます。2年半使った場合は6回分が免除されるという仕組みです。この「スマホおかえしプログラム」利用時の実質価格も記載しておきますので、機種選びの参考にしてくださいね。

 

■「スマホおかえしプログラム」が使えるハイエンドモデルは全6機種
では、まず、ドコモでしか買えないモデルもラインナップされた、ハイエンドモデルを紹介しましょう!

 
▼HUAWEI P30 Pro
今夏発売
価格:8万9424円(スマホおかえしプログラム利用時は実質5万9616円)

世界的な老舗カメラメーカー・ライカが監修したクアッドカメラがアドバンテージ。広角(約4000万画素/F1.6)+超広角(約2000万画素/F2.2)+望遠(約800万画素/F3.4)のトリプルカメラに、さらに被写体深度や3D情報を取得するToFカメラも搭載しています。光学5倍ズームで撮影でき、画質がほとんど劣化しないハイブリッドズームで10倍、さらに最大50倍で撮影できます。約6.5インチの有機ELディスプレイには、通話内のスピーカーや指紋センサーを内蔵しています。4100mAhの大容量バッテリーも魅力。なお、防水とお財布には対応していますが、ワンセグは搭載していません。

 
▼Xperia 1
6月中旬発売
価格:10万3032円(スマホおかえしプログラム利用時は実質6万8688円)

スマホでは世界初の4K HDRに対応した有機ELディスプレイを搭載。アスペクトが21:9の「シネマワイドディスプレイ」は、映画やゲームを楽しむには最適。2つのアプリを同時に利用するマルチウィンドウを使う際に、高い視認性が得られることも魅力。標準(約1220万画素/F1.6)+望遠(約1220万画素/F2.4)+超広角(約1220万画素/F2.4)のトリプルカメラを搭載。ソニーのプロ向けの映画撮影用カメラの開発チームが監修した「シネマプロ」という映画のような動画が撮れる機能も搭載しています。防水、おサイフ、ワンセグ・フルセグにも対応。

 
▼Galaxy S10
6月1日発売
価格:8万9424円(スマホおかえしプログラム利用時は実質5万9616円)

約6.1インチの有機ELディスプレイを搭載しつつ、左右はほぼベゼルレスで、上下のベゼルも細く、ほとんどがでディスプレイという先進的なデザインを実現。背面に搭載されたトリプルカメラは、広角(約1200万画素/F1.5とF2.4の自動切り替え)+超広角(約1600万画素/F2.2)+望遠(約1200万画素/F2.4)という構成。F1.5という明るさで夜景を美しく撮影でき、123度の画角で景色を捉えることもできます。ディスプレイ内に超音波式の指紋センサーを搭載し、ワイヤレス充電に対応。防水、おサイフ、ワンセグ・フルセグも搭載する全部入りモデルです。

 
▼Galaxy S10+
6月1日発売
価格:10万1088万円(スマホおかえしプログラム利用時は実質6万7392円)

約6.4インチの有機ELディスプレイを搭載し、Galaxy S10と同じくトリプルカメラを搭載。S10はインカメラがシングルレンズですが、S10+は約1000万画素+約800万画素のダブルレンズで、背景をナチュラルにぼかしたセルフィーを撮れます。4000mAhの大容量バッテリーを搭載しているので、動画やゲームを楽しみたい人にも最適。

 
▼Galaxy S10+ Olympic Games Edition
7月下旬発売
価格:11万4696円(スマホおかえしプログラム利用時は実質7万646円)

Galaxy S10+の背面に東京オリンピックのロゴをあしらった1万台限定モデル。限定デザインのワイヤレスイヤホン「Galaxy Buds」も付属します。

 
▼AQUOS R3
6月1日発売
価格:8万9424円(スマホおかえしプログラム利用時は実質5万9616円)

6.2インチのディスプレイは、10億色を表現できる「Pro IGZO」を採用。動画用(約2010万画素/F2.4)+静止画用(約1220万画素/F1.7)のAI対応のデュアルカメラを搭載し、動画撮影中にAIが判断した静止画を記録できたり、自動でショートムービーが作成される機能も楽しめます。防水、おサイフ、ワンセグ・フルセグにも対応しています。

 

■コスパが魅力のスタンダードモデルは全4機種
3〜4万円台で買えるスタンダードモデルは4機種。「スマホおかえしプログラム」は適用されませんが、従来の12回払い・24回払いに加えて、36回の分割払いも可能。個性派ぞろいで、コストパフォーマンスを重視する人には最適です。

 
▼Xperia Ace
6月1日発売
価格4万8600円

5インチ画面のコンパクトモデル。Snapdragon 630(最大2.2GHz)と4GBのRAMを搭載しているので、操作性の面でも安心。約1200万画素のアウトカメラでは「4コマフォトストーリー」などを撮影でき、約800万のインカメラは約120度の超広角で撮影できます。防水、おサイフに対応。

 
▼LG style2
7月発売
価格:3万8880円

3万円台ながら、6インチの大画面ディスプレイを搭載し、デュアルカメラ(標準+広角)も搭載。3900mAhの大容量バッテリーを搭載しているので、移動中もスマホを手放せないという人にはもってこいでしょう。防水、おサイフ、ワンセグにも対応しています。

 
▼arrows Be3
6月上旬発売
価格:3万3048円

5.6インチの有機ELディスプレイを搭載。防水・防塵だけでなく、米国の資材調達規格「MIL」の23項目をクリアするという頑強ボディを実現。うっかり落としても画面が割れにくく、長く使い続けたい人には安心。背面に搭載した指紋センサーは、簡単に画面表示を拡大できる機能も備えています。おサイフ、ワンセグにも対応。

 
▼Google Pixel 3a
6月上旬発売
価格:4万6656円

グーグルが5月8日に発表した、Google Pixel 3の廉価版モデルとなる「Pixel 3a」も発売されます。5.6インチの有機ELディスプレイを搭載し、カメラ性能に定評があるモデルです。グーグルが販売するSIMフリー版は4万8600円ですが、ドコモ版は2000円ほど安い価格設定になっています。なお、6インチ画面の「3a XL」はドコモでは取り扱わないそうです。
*  *  *
以上、一気に紹介しましたが、発売までは少し時間があります。料金プランをどれにするかも含め、じっくり検討してみてくださいね。

>> NTTドコモ

 

[関連記事]
SIMなしでOK!世界100カ国で使えるスマホが1万6800円!

「Galaxy S10」「HUAWEI P30 lite Premium」… auの2019夏スマホ全機触ってきたぞ!

「Xperia 1」「Pixel 3a」…どれが買い!? ソフトバンクが2019夏スマホを発表!

(取材・文/村元正剛)

むらもとまさかた/ITライター

iモードが始まった1999年からモバイル業界を取材し、さまざまな雑誌やWebメディアに記事を寄稿。2005年に編集プロダクション「ゴーズ」を設立。スマホ関連の書籍・ムックの編集にも携わっている。