バッグの荷物を移動したら“物忘れ”がひどいので「ハードシェルケース」を大人買いした話

バッグの荷物を移動したら“物忘れ”がひどいので「ハードシェルケース」を大人買いした話

バッグの荷物を移動したら“物忘れ”がひどいので「ハードシェルケース」を大人買いした話の画像

<&GP編集部員が買ってみた!使ってみた!>
編集者という仕事柄、持ち物が多くて困りがちですが、最近はメインで使う機能性の高いリュックのおかげで割と荷物もまとまっています。PCスリーブがついていたり、仕切りが多かったり、おまけに防水加工もされていて使い勝手に文句はありません。

ただ、ひとつだけ困ることがあります。それは急に別のバッグを使いたくなったとき。そう、いつも特定のバッグを使っていれば物は散らばらないんですが、移し替えると紛失や収納ミスが一気に増えます。家の鍵からモバイルバッテリーなど日常茶飯事で、取材なのにカメラがない!などの悲劇も稀に起こります…。

そこでバッグインバッグ的なやつを探していたんですが、ようやくニーズに合うアイテムを発見。オシャレな文具・雑貨などを数多く手がけるハイタイドの「ハードシェルケース」です。カラバリが多く、サイズも大小あって選びやすいので思い切って大人買いしちゃいました!

ハイタイドのブランド「n?he(ネーエ)」から発売されたハードシェルケースは、モバイルガジェットや電子機器収納に適した収納ケース。サイズLはW214×H150×D60mm(2160円) で、サイズSはW182×H90×D60mm(1512円)。カラーはブラック、アイボリー、ブルー、グリーン、オレンジ、イエローの6種類があります。

今回、収納ケースを選ぶ上で一番重要視したのが、カラーです。とにかくビジネス系のアイテムは黒が多く、普通のバッグインバッグも黒ベースのアイテムばかり。しかし、日々背負うリュックも黒のため、黒いバッグの中に黒いペンと黒いケーブルと黒いモバイルバッテリーと黒いカメラに…って、なにがなんだかわからんわ! というわけで、視認性を高めるために、はっきりしたカラーのアイテムを探していたという経緯があります。

内部構造について説明すると、SとLどちらもメッシュのスリーブがついており、中に入れたものが飛び出したりひっくり返ったりしないよう固定できます。メーカーの紹介ではガジェットポーチという位置づけのようなので、さっそく入れてみることに。

うんうん、とてもスッキリ収納できて大満足。これでジッパーを閉じてバッグに放り込めば、簡易仕事セットの完成です。ハードシェルケースのメリットとして、中身が頑丈に守られるのはもちろん、ケースの形が変わらないのは大変助かります。

というのも、モバイルバッテリーやAC電源などは重いので、バッグにそのまま入れるとバッグ自体が膨らんだり、偏ったりして不格好になります。ハードシェルケースは形がしっかりしているおり、中身を入れても膨らまず、カラフルだからバッグの中で見失なうことは絶対にありません。

大人買いしてわかったのですが、いくつかあらかじめ目的別に収納しておけば、出張や旅行時にはトラベルポーチとして使えるなど便利だということ。スーツケースにポイっと入れるだけだから、準備時間の短縮に。

「歯ブラシポーチ」「工具ポーチ」「アウトドアポーチ」などなど、散らばる小物たちをカラー別に分けておくのもアリですね。

 
■カスタマイズして自分好みの一品に
このハードシェルケース、シンプルなところが気に入ったのですが、ちょっとシンプルすぎる気もしてきました(わがまま)。しかも複数持ちすると、中身がなんだったかイチイチ確認するのも面倒くさい(超わがまま)。

だからシールやステッカーなどでカテゴライズしたり、ナンバリングしておけば、より便利さがアップします。ガンダム系のステッカー(デカール)を貼るもよし、アウトドア系メーカーのシールでタフな雰囲気にするもよし、いろいろ使いやすくカスタマイズしちゃいましょう。個人的には、緑のやつを迷彩かザク仕様に改造する予定です。
*  *  *
とにかく日々増え続ける、デジタルガジェットやら文具やらの数々。バッグへの収納術を考えないと、あっという間に管理するのが嫌になります。バッグインバッグなども含め、ハードシェルケースのような便利アイテムを有効活用し、仕事や趣味の効率アップに活かしてください。

>>ハイタイド

 

[関連記事]
無印良品「ナイロン手付ポーチ・薄型」はケーブルやガジェット収納にピッタリ!

かさばりがちなガジェット類をまとめて“仕事ができる人”になろう

このトラベルポーチを使えば誰でも整理上手になれそうです

(取材・文/&GP編集部 三宅 隆)