あればドヤれる!? 注目の最新“ドヤ家電”5選【2019上半期ベストバイ】

あればドヤれる!? 注目の最新“ドヤ家電”5選【2019上半期ベストバイ】

あればドヤれる!? 注目の最新“ドヤ家電”5選【2019上半期ベストバイ】の画像

【2019上半期ベストバイ】
数年前、カフェでノートパソコンを開き、仕事している風の自撮りをして、SNSに「ドヤなう」と投稿する人々がいた。転じて生まれた言葉が「ドヤ家電」。言い始めたのは、世の中の物事や現象を、斜め下あたりからとらえる、コラムニストの小口覺さん。そんな小口さんに、最新のドヤ家電を選んでもらった。

 

ライターとして、雑誌、Webメディア、単行本の企画・執筆、マンガ原作を手がける。取材・関心領域は、PC、インターネット、スマートフォン、家電、料理、各種ライフハックなど多岐にわたる

■ドヤるにはそれなりの理由がある
「ドヤ家電」という言葉を普及させたコラムニストの小口覺さんは、神妙な顔つきで次のように語ってくれた。

「ドヤ家電と言っても、揶揄しているわけではないんです。実際にみんなに自慢したくなるポイントがなければ、ドヤれません。それらの家電には、ドヤる理由がなければいけませんよね」

実際、今回選んでもらった製品も、世界のバリスタが監修したコーヒーを飲めたり、自動でゴミ袋の口を閉じてくれたり、最新の技術でスマートに蚊を捕獲する蚊取りデバイスなど、欲しい!と思わせる要素を、備えているのだ。もっと言えば、イノベーティブな要素を持った製品を選んだと言っていいだろう。

イノベーティブな製品がそうであるように、いずれも世間での認知度は、まだまだ低い。だが、製品の存在や秘める価値に、多くの人が気付いていない今だからこそ、いち早く手に入れて使ってみることでドヤれる家電なのだ。

「まずは記事を熟読して、友人や同僚に『こんな家電を知っている俺って、すごいだろ?』という雰囲気でドヤってみてください。もちろん、どんな反応が返ってくるかは、責任を持てませんけどね…」

 
1. スマホで家電操作できて照明だって変えられるんです
スタック
「stak」(1万2700円/13カ月目以降は月額使用料518円)

「E26型の電球ソケットに取り付けるだけで、テレビやエアコンなどの家電製品が操作できる電球です。本機は、モジュール構造になっているのがポイント。今はリモコンと照明モジュールですが、今後はスピーカーや虫よけモジュールを開発していく予定です」(小口さん)

SPEC DATA
●本体:W55×H65mm/約75g
●リモコンモジュール:W55×H18mm/約34g
●照明モジュール:W55×H47mm/約61g

 
2. 世界のチャンピオンバリスタの味を自宅で堪能できるんです!
アイドリップ
「iDrip」(13万5000円/本体のみ 年内発売予定)

「著名なバリスタや有名カフェの味を再現するコーヒーメ ーカーです。豆の種類や焙煎程度、豆の挽き方などをバリスタが監修しています。ボタンを押すだけで、バッグに表示されたバーコードを本体が読み取り、レシピにあったドリップ方法で入れてくれるんです。水の量や湯温を測る必要もなく、ただ待っているだけでいいんです」(小口さん)

SPEC DATA
●サイズ:W190×D190×H470mm
●重量:7.8kg

 
3. 臭いニオイを“見える化”するスメハラ予防グッズです
タニタ
「においチェッカー ES-100」(実勢価格:1万円前後)

「今やスメルハラスメント(スメハラ)は、社会問題となっています。そんなスメハラを予防するには、まずは自分がどれほど臭いかを知っておくべきです。においチェッカーは、ニオイが気になる部分を約10秒で測定し、0から10までの11段階の数値で表示します。鼻毛のチェックに鏡を使うように、ニオイを本機でチェ ックしましょう」(小口さん)

SPEC DATA
●サイズ:W94×D25×H52mm
●重量:約 60g(乾電池含まず)

 
4. 蚊取りデバイスがこんなにスマートに!
アース製薬
「アース蚊がホイホイ Mosquito Sweeper」(2万1384円)

「夜中に部屋の中を飛ぶ羽音は、良質な睡眠を妨げます。そんな蚊を光触媒技術や最新の誘引剤「SpMA」などで誘い込み、ファンで吸い込んでしまうのが本機。蚊取り線香の時代から蚊と格闘してきたアースの最新兵器です。火や煙をおこさず、人が感じるニオイもなく、スマートに蚊を撃退できる、理想の形と言えるのです」(小口さん)

SPEC DATA
●サイズ:W201×D122×H274mm
●重量:1.07kg

 
5. 手で触れることなくゴミ袋を縛るから潔癖症でも大丈夫!
白夜子技術
「スマートごみ箱 townew」(一般販売価格:1万6900円)

「近づいて本体上部のセンサーに手や足をかざすだけでゴミ箱の蓋が開きます。離れると閉じる。でもそんなことで驚いちゃいけません。袋がいっぱいになったら、ボタンを長押しするだけで、自動で袋の口を閉じるんです。これ、ビニールを熱溶着で閉じるから、ニオイや液体も外に漏れません。使い方から見た目までスマートでしょ?」(小口さん)

SPEC DATA
●サイズ:24×31×40cm
●重さ:3.5kg

 
■家電じゃないけど要注目!
▼キャンプでもドヤれるエスプレッソマシン
nCamp
「nCampカフェ」(6880円)

「ボイラー、バスケット、サーバー、カップが、直径8.6cm、高さ24cmの水筒サイズに収まるモカポット型の直火式コーヒーメーカーです。キャンプの朝にエスプレッソが飲みたくなったら、バッグから取り出してすぐに作れるし、家でキャンプ気分を味わうのにもいいですね。クラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」で販売中」(小口さん)

 

>>【特集】2019上半期ベストバイ
本記事の内容はGoodsPress8.9月合併号44-45ページに掲載されています
 

[関連記事]
増税前に買うべき生活家電6選【2019上半期ベストバイ】

先進機能をフル活用できるハイスペックスマホ3選【2019上半期ベストバイ】

速いは正義!1分でサクッモチッに仕上がる絶品トースター【男前家電レビュー】

(取材・文/河原塚英信 写真/下城英悟)