HDDより4倍速い小さなSSDがあればPS4が快適になるぞ!

HDDより4倍速い小さなSSDがあればPS4が快適になるぞ!

HDDより4倍速い小さなSSDがあればPS4が快適になるぞ!の画像

大量のデータを持ち出して複数のパソコンで使うことの多いというビジネスパーソンなら、外付けHDDなどのアイテムは必須でしょう。ですが、それをポータブルSSD「SSPH-UA」に変えることで、格段に使いやすくなりますよ。

SSDはHDDに比べて転送速度が約4倍なうえ、USB 2.0より約10倍も高速な「USB 3.1 Gen 1(USB 3.0)」に対応しているので、PCもPS4もサクサク! 衝撃や振動に強いので、持ち歩きにも最適です。

アイ・オー・データより登場した、ポータブルSSDの最上位モデル「SSPH-UA」。ひとつ目の特徴は、なんといっても “読み込みが速い” こと。ディスクを回転しヘッドを移動させる構造のHDDと、フラッシュメモリーで瞬時にデータへアクセスするSSDという仕組みの違いから、SSDはHDDに比べて転送速度がなんと約4倍も高速なのです。

さらに、USB 2.0に比べて約10倍も高速なUSB 3.1 Gen 1(USB 3.0)に対応しているため、大量のデータ処理時にもPCがサクサク動きます。もちろん、従来のUSB 2.0インターフェイスにも対応しており、USB 3.1 Gen 1(USB 3.0)に対応していないPCでも使えます。

そして、注目したいのはPS4ユーザー。このSSDを外付けすれば大幅に高速化できるので、もうゲームの起動やセーブデータのロード時にイライラすることはなくなるでしょう。

そしてふたつ目は、“タフである”こと。前述のようにSSDには可動部がないため、衝撃や振動に強く、しかも軽量という特徴を持っています。それに加え、「SSPH-UA」では四隅と表面を衝撃に強いシリコンラバー素材で覆い、ミルスペックの耐衝撃性能で万が一の落下からもデータを守ります。

USBバスパワー駆動でACアダプターもいらない点に、HDDより断然静かな点も大きなポイント。約80×80mmのコンパクトサイズで約61gという軽さなので、持ち歩きに最適です。

価格は480GBの「SSPH-UA480NV」は1万1700円(税別)、960GBの「SSPH-UA960NV」は2万100円(税別)で、7月末に出荷予定。

4Kで撮影した我が子の大量の動画を編集したい、それを帰省時に実家に持っていって家族と共有したい、といったニーズにもぴったりですね。

>> アイ・オー・データ「SSPH-UAシリーズ」

 

[関連記事]
今はもうUSBメモリでもHDDでもなく小型爆速SSDが外付けストレージの最先端です
軽くて小さくて容量も十分!大事なデータは超小型外付けSSDで持ち歩こう

1000年保存OK!の“M-DISC”対応、Type-C接続可能な外付けブルーレイドライブ

(文/&GP編集部)