な、なんだってぇ!通勤電車の屋根に付いてるアレがiPhoneケースに!?

な、なんだってぇ!通勤電車の屋根に付いてるアレがiPhoneケースに!?

な、なんだってぇ!通勤電車の屋根に付いてるアレがiPhoneケースに!?の画像

鉄道に関するグッズや部品の収集に多大な情熱を傾ける「収集鉄」にとって、端から見ると “何でこんなものが!?” と思えるものほど、大好物になることが多いんだとか。今回紹介するアイテムはもしかしたら、既にポチっている収集鉄が続出しているかもしれません。

鉄道模型専門店「ポポンデッタ」より発売中の「E233系クーラー型iPhoneケース」(2700円/税別)と「E233系クーラー型パスケース」(1700円/税別)は、山手線や中央線、京浜東北線や埼京線など、首都圏の主要JR線で運行されている主力車両「E233系」の屋根に設置されているクーラー機器をケースのデザインに落とし込んだアイテムです。

iPhone用ケースはiPhone7/8に対応。背面部にはカメラレンズ穴が設けられ、また液晶面側もホームボタンに合わせた形状と、使いやすい仕様になっています。

パスケースはカメラ穴がない分、クーラー機器の再現度がより正確(笑)。カードフォルダ部分は取り出しやすいように透明シート部に穴が開けられており、交通系ICカードはカード面をかざせば認識するなど、実用性がしっかりと確保されています。残念ながらスマホやカードを冷やす冷房機能は備わっていませんが、室外機に相当する機器と思えば冷えなくても問題はナシでしょう。

両ケースともJR東日本が商品化を許諾している、いわば安心の “お墨付き” アイテム。ポポンデッタの実店舗及び公式WEBショップにて販売中です。

>> ポポンデッタ

 

[関連記事]
ドクターイエローもある!懐かしの「お子さまランチ」には新幹線がピッタリ
0系新幹線ブレーキハンドルでペットボトルを開栓してみる?

飾りたい人にピッタリ!先頭車のみのNゲージ誕生!

(文/&GP編集部)