このカラー覚えてる?NEC「PC-8001」誕生40周年記念モデル登場

このカラー覚えてる?NEC「PC-8001」誕生40周年記念モデル登場

このカラー覚えてる?NEC「PC-8001」誕生40周年記念モデル登場の画像

“国産初期の代表的な8ビット・パーソナル・コンピュータ”として、国立科学博物館において資料として登録されるなど、工業史的にも大きな価値のある、NEC「PC-8001」。それまでのマイコンボードを組み立てる方式ではなく、メーカーによる完成品として出荷した、初めてのパーソナルコンピュータです。

この「PC-8001」の発売40周年を記念するものとして、NECのモバイルノートPC「LAVIE Pro Mobile」に、特別色を採用した13.3型ワイドノートPC「LAVIE Pro Mobile PM750/NAA」(オープン価格)が登場。8月8日より店頭モデルとして発売中です。

1979年9月、NEC初の本格パーソナルコンピュータとして登場した8ビットパソコン「PC-8001」。その40周年を記念して誕生したのが今回発売の「PM750/NAA」です。

基本スペックは他の「PM750/NAシリーズ」と同じですが、キーボードには「PC-8001」で使われていたものと同じく、EnterやShift、Capsキーなどと文字キーとを別色で塗り分けたツートーンカラーを採用。ややボルドーがかった本体色も同機種をイメージして作られたプレミアムカラーが使われています。

液晶下には懐かしの旧NECロゴを復刻、キーボード左上には「PC 40th Anniversary Edition」の文字をプリント。起動時にも発売当時のままの旧NECロゴが現れるほか、「PC-8001」の銘版をイメージしたステッカーが同梱されています。

そして各方面で話題を呼んでいるのが、40周年を記念した購入者キャンペーンの景品として登場した「PasocomMini PC-8001」なるミニチュアPC。

これは「PC-8001」のオリジナルデザインを忠実に再現した手のひらサイズのPCですが、サイズはミニでも中身はホンモノ。Raspberry Piをベースとするハードウェア上で、PC-8001互換のBASICが動作します。同梱するSDカードにはBASIC上で動作するレトロゲームを多数収録、キーボードやモニターと接続させれば、懐かしのレトロゲームを楽しめるようになっています。プレゼント応募は8月6日から11月4日までのLAVIEシリーズ購入者が対象で、当選数は抽選で2000名。

さらに「抽選と言わず、なんとか確実に手に入れたい…!」との声に先回りするかのように(?)500台限定の「PC 40th Anniversary Edition Premium Package」(19万9800円〜/税別)も登場しています。

プレミアムボックスに納められた特別パッケージには、シリアルナンバー付き「PM750/NAA」に「PasocomMini PC-8001」を同梱、さらに5年の安心保証などの特典がついています。NEC Directにて8月5日より予約受付中、どうしても手に入れたいあなたは急いでチェックを!

>> NEC「LAVIE Pro Mobile 13.3型ワイド PM750/NAAシリーズ」

 

[関連記事]
機能モリモリ!わずか650gのウルトラブックが進化しまくり
軽すぎっ!ペン内蔵型の13.3型ワイド液晶が重量約868gだって

アルミ素材より軽くて頑丈、マグネシウム合金を使った軽量ノートPCは持ち歩きに最適かも

(文/&GP編集部)