このシンプルさでミルスペック!クルマから落としても大丈夫だって!

このシンプルさでミルスペック!クルマから落としても大丈夫だって!

このシンプルさでミルスペック!クルマから落としても大丈夫だって!の画像

9月20日にリリースされた新型iPhone、もう手に入れましたか? これに合わせ、オーストラリア・STM社の人気シリーズ「ELEMENTCASE(エレメントケース)」から新型iPhone用ケースが発売されました。バックカバータイプやバンパータイプなど4タイプをラインナップ。

傷が自動修復するエラストマー素材を採用したり、ミルスペックの保護性能など、どれもスグレモノなので、気に入るものが見つかりそうです。

iPhone 11、iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Maxという新型iPhoneの発売に合わせ、オーストラリア・STM社のELEMENTCASEから、iPhoneケース4製品がリリースされました。ん〜、どれも個性的でカッコいい!

「Rally(ラリー)for iPhone 11」は、シンプルなバックカバータイプ。3mの高さから65回落下させたり、時速105kmの車からドロップテストさせたりといったMIL規格に準拠したテストをクリアするという、見た目からは想像できないタフさを持っています。

採用したエラストマーは、傷が自動修復する素材なので、ケースの美しさを長く保つことが可能。柔らかくて肌触りが良く、握りやすいので取り落としも防ぎます。カラーはサンセットレッド、クリア、ブラックの3色をラインナップし、iPhone 11用、iPhone 11 Pro用、iPhone 11 Pro Max用の3タイプとも各5000円。

「Rail(レイル)for iPhone 11」は、最小限のデザインでiPhoneを保護したいという人にぴったりのバンパータイプのケース。工具などを使わずにワンタッチで取り付けられ、4角のコーナー部分が衝撃を吸収します。軽さと耐久性を追求するため、サイドレールにポリカーボネート、バンパー部分には着脱が簡単なTPUというふたつの素材を使用。

液晶面や背面よりもケースを高く作っているので、机に置いたときにもスマホ本体が傷つきません。クリア、フラミンゴ、ソリッドブラック、ソリッドレッドの4色展開で、iPhone 11用、iPhone 11 Pro用、iPhone 11 Pro Max用の3タイプとも4500円。

「Illusion(イリュージョン)for iPhone 11」は、軽さを追求したバックカバータイプのケース。iPhoneのフォルムに沿ったスリムなデザインにし、背面には本体が透けて見える半透明の素材を配置するなど、iPhoneの美しさを表現することにこだわっています。

ミルスペックの基準をクリアしており、本体をしっかりと保護。カラーはブラック、ディープシー、コーラル、エレクトリックキウイという個性的な4色を用意し、iPhone 11用、iPhone 11 Pro用、iPhone 11 Pro Max用の3タイプとも各4000円です。

「Shadow(シャドウ) for iPhone 11」は、高品質のTPUを使用したカバータイプのケース。樹脂素材でありながらソフトで、人間工学に基づいた握りやすいデザインです。ミルスペックの基準をクリアした優れた衝撃吸収力。カラーはブラック、オキシブラッド、メロンの3色展開で、iPhone 11用、iPhone 11 Pro用の2タイプをラインナップしています。どちらも各5000円です。

新型iPhoneを手に入れた人、手に入れる予定のある人は、同時にこれらのケースもチェックしてみては。

>> ELEMENTCASE

 

[関連記事]
ゼロハリの耐衝撃ケースで新型iPhoneをガッチリ守ろう

新型iPhoneの予約できた?なら次はケースを用意しなくちゃね!

耐衝撃&落下防止ケースでドデカいiPhone XRを快適に操作できるのか?

(文/&GP編集部)