端子も豊富!4KテレビでPCにぴったりの強力ミニPC

端子も豊富!4KテレビでPCにぴったりの強力ミニPC

端子も豊富!4KテレビでPCにぴったりの強力ミニPCの画像

仕事や趣味を中心に使うメインPCとは別に、サブでもう1台PCを持っているという人が増えています。例えば家族で動画やゲームを楽しんだり、子どもの調べ学習やプログラミング学習に使ったり…そんな用途でPCを使うなら、リビングで共用できるマシンをもう1台持っておければ理想的。

古くなったPCをお下がりするのもいいけれど、なるべく場所をとらずに設置するならこんな選択肢はいかがでしょう。CHUWI(ツーウェイ)から発売のミニPC「HeroBox」(想定価格:2万6000円前後)、近日中に日本国内でも販売予定です。

まずは見た目からチェック。本体は約18.8×13.7cmで高さ3.8cm、ちょうどコミック2冊を重ねたくらいの大きさで、PCとしてはびっくりするほどコンパクト。筐体にはCNC加工を施したアルミ合金素材を採用、高い放熱効果でファンレス設計でも安定した動作を実現しています。

心臓部であるCPUには最大周波数2.4GHzのIntel Gemini Lake N4100プロセッサを、グラフィックチップには第9世代UHD Graphics 600を搭載。4Kビデオのデコーディングにも対応できる十分な性能を備えているから、一般的なPCとしてはもちろん、ホームシアターPCとしても活躍できそう。

またぜひ注目してほしいのが、豊富な外部インターフェイス。筐体の小さなミニPCでは必然的に搭載するポートが少なくなりますが、「HeroBox」ではUSB 3.0とUSB 2.0をそれぞれ2ポート、さらにUSB Type-CやHDMI、VGA、加えてMicro SDスロットを備えるなど、多彩なインターフェイスで十分な拡張性を確保。

さまざまなデバイスを直接繋げられるから作業効率もググッとアップ。特に用途の多いUSBポートがたっぷりあるのは、使ってみるとその便利さを実感できるはず。

他にもメモリには8GBのLPDDR4を搭載、ストレージには180GBのSSDを採用するなど、このクラスの省スペースPCとしてはかなり充実したスペックを備えます。OSにはWindows 10をプリインストール済みで、UbuntuなどのLinuxシステムにも対応するとのこと。

VESA規格に対応しているのでテレビやディスプレイの背面に直接取り付ければ見た目もスッキリ、オールインワンPCのように使えるのもいいですね。

>> CHUWI「HeroBox」

 

[関連記事]
ミニPC?いえいえ、実はこれAndroidスマホなんです?

画面を折り畳めるPC!レノボ「ThinkPad X1 Fold」は2020年半ば発売?

タブレットとしても使える超小型ノートPCは予想以上にハイスペック!?

(文/&GP編集部)