2〜3月に得するにはPayPay、au PAY、dポイントに注目! ー〇〇Payの選び方[21]

2〜3月に得するにはPayPay、au PAY、dポイントに注目! ー〇〇Payの選び方[21]

2〜3月に得するにはPayPay、au PAY、dポイントに注目! ー〇〇Payの選び方[21]の画像

2月に入って、コード決済の大型還元キャンペーンがまた話題になっています。なかでも還元率の大きさでは、「PayPay」「au PAY」「dポイント」の3つに注目しておきましょう。それぞれのサービスの還元で得するための作法を、3つのシンプルなルールでご紹介します。

1. 牛丼が食べたくなったら「PayPay」を使うべし
まず、サッと牛丼が食べたくなったときには「PayPay」の還元があることを思い出しましょう。PayPayは、2月1日から29日まで「対象の飲食店でPayPay残高でのお支払いなら40%戻ってくるキャンペーン」を実施しており、その名の通り4割お得に食事ができます。

付与上限は、500円相当/回、1500円相当/期間で、そこまで多くありませんが、ランチ代を節約するという意味で、うっかり見落とすと悔しい額です。

対象となる飲食店は、下記のような複数の飲食チェーンが該当します。特に「すき家」「松屋」「吉野家」が入っているので、牛丼=PayPayで覚えておくのがラクでしょう。ただし、一部対象外の店舗もあるので入店時の確認は忘れずに。

注意点は、PayPayに登録したクレジットカードで支払う場合は還元の対象にならないこと。キャンペーンの恩恵を受けるには、必ず「PayPay残高」(=PayPayマネー、PayPayマネーライト、PayPayボーナス、PayPayボーナスライト)で支払いましょう。

ちなみに、還元率は「Yahoo!プレミアム会員」かどうかで変動。会員ではない場合には40%ですが、同会員の場合には50%に上がります。具体的には(1)Yahoo!プレミアムの登録と、(2)Yahoo! JAPAN IDとPayPayアカウントの連携が必要です。ソフトバンク・ワイモバイルのスマホユーザーなら追加料金なしでYahoo!プレミアムに登録可能ですので、未登録の場合には、公式サイトから手順を確認してみてはどうでしょうか。

 
2. 月曜日にはau PAYを使うべし
家電を購入するなど、数万円単位の買い物を検討しているならば、au PAYのキャンペーンを活用するとお得です。auと冠しているサービスではありますが、auユーザー以外でも利用可能なので見落とすなかれ。

該当のキャンペーンは「誰でも!毎週10億円!もらえるキャンペーン」といい、決済額の20%分のポイントが還元されるというもの。還元上限は万単位なので、PayPayの還元キャンペーンよりも大きな額が動きます。

同キャンペーンの実施期間は、2月10日から3月29日と長いのですが、毎週月曜日からスタートし、決済額が10億円に到達すると判断された翌日に、その週のキャンペーンが終了する点に注意が必要です。実際に2月10日開始した第一週目は、翌11日に終了してしまいました。

要するに、2月は17日、24日、3月は2日、9日、16日、23日の残り6回の月曜日が還元キャンペーンの狙い目。3月まで「月曜日はau PAYで支払うとお得」と覚えておきましょう。

還元上限は時期で分けられて設定されています。具体的には、2月中が3万円、3月前半3回のが3万円、3月最後の回が1万円相当です。

日々の買い物のなかでコツコツと恩恵を受けたい場合には、別段問題ないと思うのですが、大規模な還元を狙って参戦する場合には、時間と心に余裕を持っておくことをオススメします。還元量販店のレジには長蛇の列ができたり、通信障害が発生する可能性も想定しておきましょう。

 
3. コンビニで「dポイント」提示を忘れるべからず(ただし2月半ばまで)
「d払い」と「dポイント」関連のキャンペーンも複数実施されていますが、中でも注目したいのは、コンビニでdポイントカードを提示したときのポイント還元率の高さです。2月半ばで終了してしまいますが、間に合う期間はお忘れなく。

まず、ファミリーマートでのキャンペーンは、2月17日まで実施中。

(1)決済時にdポイントカードを提示し

(2)同期間中に専用サイトからエントリー

これで支払額20%相当のdポイントが貯まります。エントリーは先でも後でも大丈夫です。なお、付与上限は3000ポイントまで。

続いて、ローソンのキャンペーンは2月16日まで実施中。

(1)決済時にdポイントカードを提示し

(2)同期間中に専用サイトからエントリー

これで支払額20%相当のdポイントが貯まります。エントリーは先でも後でも大丈夫です。なお、付与上限は500ポイント/回、2000ポイント/期間まで。

提示するカードは、d払いアプリ内で提示できる「モバイルdポイントカード」でもOKです。また、月曜日にはau PAYの還元とも組み合わせることで、実質的にさらに高い還元率を狙うことも可能ですね。
*  *  *
2019年後半以降はコード決済の還元キャンペーンを意識してこなかったという人も多いかと思いますが、2〜3月では上記の3点を覚えておいて、お得な利用方法を試してみるのもいいかもしれません。

[2/13追記]ファミリーマートにおけるdポイントの還元率に間違いがありました。訂正してお詫び申し上げます。(誤40%→正20%)
 

>> [連載]〇〇Payの選び方

[関連記事]
“少しだけキャッシュレス”な人にピッタリな小さめ財布5選

自販機でもPayPayやLINE Payがお得!アプリで飲み物がタダになるって知ってた?

いまいち分かりづらい「スマホ決済」の基本と主な5サービスを比較&解説!

(取材・文/井上 晃)

いのうえあきら/ライター

スマートフォン関連の記事を中心に、スマートウォッチ、ウエアラブルデバイス、ロボットなど、多岐にわたる記事を雑誌やWebメディアへ寄稿。雑誌・ムックの編集にも携わる。モットーは「実際に触った・見た人だけが分かる情報を伝える」こと。