auが独占販売「Galaxy S20 Ultra 5G」の100倍ズームは望遠鏡レベルだ!

auが独占販売「Galaxy S20 Ultra 5G」の100倍ズームは望遠鏡レベルだ!

auが独占販売「Galaxy S20 Ultra 5G」の100倍ズームは望遠鏡レベルだ!の画像

au(KDDI)が5G対応スマートフォン「Galaxy S20 Ultra 5G」の発売を発表しました。サムスン電子製のフラッグシップ「Galaxy S20」シリーズの最上位モデルで、日本ではau限定で、7月3日から販売されます。価格は16万5980円(分割の場合は4180円×23回 + 6万9840円)で、次の機種変更時に端末を返却する「かえトクプログラム」を利用する場合の実質負担金は9万6140円となります。

 
■メインが約1億800万画素の4眼カメラを搭載
Galaxy S20シリーズは、グローバルでは「S20」「S20+」「S20 Ultra」の3モデルが販売されています。最上位のS20 Ultraは、メインが1億800万画素のクアッドカメラを搭載していることもあり、世界中の “スマホ好き” から注目を集めていました。

しかし、日本で発売されたのはS20とS20+だけで、S20 Ultraの日本発売は見送られたと思われていました。auによると、3月に5Gスマホの第1弾を発表した際にはS20 Ultraを取り扱う予定はなかったそうなので、海外での売れ行きなどを見て、取り扱いを決めたと考えていいでしょう。

Galaxy S20 Ultra 5Gは、Galaxyシリーズの最上位モデルであり、いま日本で買えるスマホの中でも最高峰に位置づけられるモデルです。したがって、セールスポイントはたくさんあるのですが、やはり特筆すべきはカメラです。

背面に搭載されたクアッドカメラは、超広角(約1200万画素・F値2.2)+広角(約1億800万画素/F値1.8)+望遠(約4800万画素/F値3.5)+ToF(深度測位カメラ)という構成です。光学10倍ズームで撮影でき、光学TOデジタルとAI処理を組み合わせた「スペースズーム」で最大100倍での撮影を実現しています。

 
■100倍ズームで撮ってみた!
その100倍ズームをいち早く試してみました。望遠カメラに切り替えると、画面に「10×」「30×」「100×」といったアイコンが表示され、それをタップするだけで瞬時にズームアップできる仕組みです。もちろん、ピンチ操作や画面に表示されるスケールをなぞって細かいズーム倍率を設定することもできます。高倍率で撮る場合、ズームアップしている位置がわかるガイドが表示されるのも便利です。

100倍にすると、さすがに画質が粗くなりますが、肉眼では見えない文字をくっきり捉えることができました。写真を撮るためには30倍くらいまでが実用レベルという印象ですが、それ以上の高倍率も、望遠鏡の代わりとして役立ちそうです。

ちなみにインカメラは約4400万画素(F値2.2)。シングルレンズですが、画角は広角と標準の切り替えができるようになっています。セルフィーを撮ることが多い人はもちろん、ビデオ通話やオンライン会議などでも活躍してくれそうです。

 
■大容量メモリ&大容量バッテリーも魅力
CPUはSnapdragon 865(2.8GHz×1コア + 2.4GHz×3コア + 1.7GHz×4コア)。RAM(メインメモリ)は12GB、ROM(内部ストレージ)は128GBという、超パワフルな使用です。さらに最大1TBのmicroSDカードも装着できるので、高画質の写真や8K動画などをたくさん保存したい人にも安心です。

ディスプレイは約6.9インチの有機ELで、解像度は3200×1440ドット。映像コンテンツやゲームを楽しむにも最適です。5000mAhの大容量バッテリーを搭載しているので、電池持ちにも期待できます。

 
■auの5Gスマホのラインナップは全8モデルに
Galaxy S20 Ultra 5Gの発売によって、auの5Gスマホのラインナップは全8モデルへと増えました。そのうち3モデルがGalaxy S20シリーズで、画面サイズやカメラ性能、価格などを比べて自分に最適なモデルを選べます。

Galaxy S20 Ultra 5Gが最も高性能なモデルであることは言うまでもありませんが、その分、サイズが大きく、重さも約222gとそこそこあるので、購入を決める前に実機に触れることをおすすめします。また、おサイフケータイに対応していないことも、S20/S20+との差分です。おサイフケータイ機能を欠かせない場合はS20+を選ぶべきでしょう。

せっかく5Gのスマホを買うのだから、一番いいのが欲しい! という人は、auショップや量販店などに行ってみてくださいね。なお、取り扱い店舗が限られているので、事前にauのホームページで確認することをおすすめします。

 

>> au

[関連記事]
3万9800円で4眼カメラ搭載「OPPO Reno3 A」が“買い”な5つの理由

Googleアプリなしでも欲しくなる!? HUAWEI P40 Pro 5Gの真価とは

OPPOやXiaomiも参入! auの5Gスマホは7機種から選べる!

取材・文/村元正剛

村元正剛|iモードが始まった1999年からモバイル業界を取材し、さまざまな雑誌やWebメディアに記事を寄稿。2005年に編集プロダクション「ゴーズ」を設立。スマホ関連の書籍・ムックの編集にも携わっている。

関連記事(外部サイト)